RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

応援記録

ハンドボール部 春季リーグ最終戦 対千葉大学
0

    5月11日、東京経済大学にて春季リーグ最終戦となる対千葉大学戦が行われました。
    ハンドボール部では春季リーグで4
    年生の大半が引退するため、有終の美を飾るためにも、何としてでも勝ちたい試合でした。
     

    前半、相手の攻撃を抑え込み4年生中丸が開始1分で得点を決め、流れを作ります。

    それから両校共に点の取り合いになり、1・2点差の状態が続きます。開始10分で4年生兼松がペナルティースローを決め、リードを広げたい一橋にとって貴重な得点となりベンチからの歓声も高まります。
    年生加藤・角谷や2年生工藤が交代で得点を決めるも、両校の点差は広がらず、16−14と2点リードの状態で前半戦が終了します。

    後半、2点を追う相手の攻撃により点を決められる一方、一橋も3年角谷・加藤の二人が猛攻を見せます。
    後半26
    分で再び3年加藤が得点を決め、リードを守る一橋。途中相手の攻撃の勢いが強まるも、固い守りで相手の得点を防ぎます。
    最後はゴールキーパーである4
    年生加藤も共に相手ゴールに攻め込み、29対25で試合終了となりました。
     

    今回の試合では4年生全員が得点を決め、最後にふさわしい試合となりました。
    部活のことについて真剣に考えるハンドボール部の同期の姿を見てきたため、今回の活躍を心から嬉しく思います。

    3年生西村や2年生の活躍も目覚ましく、秋季リーグもとても楽しみです。

    4年生が引退し、新体制となるハンドボール部の選手と共に、これからも挑戦し続けたいです。

    一橋大学体育会應援部4年 坪内優美

     

    | ハンドボール部 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ハンドボール部 春季リーグ第6戦 対専修大学
    0

      5月4日、ハンドボール部の春季リーグ第6戦、対専修大学戦が東京経済大学武蔵村山キャンパス体育館にて行われました。

      柳原の劇的なシュートで勝利を収めた第5戦の勢いそのままに最終戦へとつないでいきたい大事な試合となりました。対する専修大学は前のシーズンで3部から降格してきた強敵で、この試合の前までで4連勝と波に乗っています。手に汗握る緊張の試合開始となりました。

       

      そんな我々の心配をよそに、3年生ながらにエースとしての頭角を現してきた加藤があっさりと点を決めて一橋が先制しました。しかしその後専修に点を返されるとなかなか次の1点を決めることが出来ず、点差をつけられていきます。それでも3年生の加藤や角谷を攻撃の起点に、一橋も負けじと攻め着実に点を返していきます。この日もキーパーの加藤さんから柳原へのロングパスが通り速攻が光っていました。これがラストシーズンである中丸さんや松石さんら4年生の雄姿もまぶしく我々の目に映っていました。そんな中、加藤さんに代わりキーパーに3年生の都築が投入され、応援部の3年生も奮い立ちます。しかし専修は手ごわく、一橋の小さなミスを見逃さず確実に点を決めていきます。前半が終わると、9−21と点差を付けられる苦しい展開となりました。

      気持ちを入れ替えて後半、西村のディフェンスでボールを奪う場面があったものの交替した相手のキーパーの前になかなかシュートが通りません。しかしここで終わらないのが一橋、流れを変えるべく投入された4年生の山田さんが期待通りのゴールで反撃の狼煙を上げます。また2年生ながらも倉見も試合に出て2年生らしい運動量で相手を乱します。それでも専修は崩れず着実に点重ねていき、結果は20−40と一橋大学の敗北となりました。

       

      ハンドボール部のOBの方も見に来ておられ、絶対に勝たせなくてはならない試合だったのですが、力が及びませんでした。この春季リーグも残るところ1試合となり、4年生はそこで引退となります。お世話になった先輩方の引退に花を添えられるよう、我々もコートの外で死力を尽くしたいと思います。

      一橋大学体育会應援部三年 長野太祐

       

      | ハンドボール部 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ハンドボール部  春季リーグ第5戦  対学習院大学
      0
        4月29日、東京経済大学武蔵村山キャンパス体育館にて、ハンドボール部の春季リーグ第5戦、対学習院大学戦が行われました。
        今季は第2戦の対帝京大学戦以降敗北が続いており、ここで絶対に勝利し連敗の流れを断ち切ろうという大事な局面での一戦となりました。

        前半の立ち上がりではスピード感のあるオフェンスで流れを引き寄せます。ディフェンスにおいてもサイドまでカバーが行き届いており、相手はなかなかゴールに近寄れず上からシュートを打つしかないといった様子で、とてもいい流れで一橋大学が試合をリードしていました。
        しかしながら学習院大学側も徐々にペースをつかみだし、一橋大学が依然としてリードしてはいたものの、試合は1点差を争うシーソーゲームへと展開します。前半戦の途中から4年生の加藤さんに代わって出てきた3年生のキーパー都築はナイスセーブを見せて一橋大学の危機を救い、コートをわかせました。さらに、前半残り10分を切ったところで2年生の日熊が投入されます。息をのむような試合展開の中投入され、緊張もあったと思いますが、きちんと周りの見えたパス回しで堂々たるプレーを見せてくれました。
        1点差を守って迎えた後半では、4年生の中丸さんや松石さん、3年生の加藤の活躍が目立ちました。途中逆転され苦しい展開にもなりましたが、一橋大学のディフェンスの足が止まることはなく、選手たちの気迫は素晴らしいものでした。オフェンスにおいてもフォーメーションで相手の守りを崩し、広い視野でパスを回してシュートに繋げており、チームワークの良さがプレーから伝わってきました。
        そして同点で迎えた後半残り時間あとわずかというところ、一橋大学のシュートがセーブされ相手ボールになり、このまま相手にボールをキープされて最後にシュートを打たれてしまう展開を避けたい一橋大学は攻めのディフェンスを見せます。そして残り5秒のところで我慢しきれなかった学習院大学の選手の放ったシュートはキーパーの4年生、加藤さんが見事セーブしました。その瞬間走り出したのが3年生の柳原です。セーブからの目にも留まらぬワンパス速攻にディフェンスも追いつかず、残り1秒で柳原が勝利を決めるシュートを入れました。

        結果は26-25で、一橋大学の勝利です。
        手に汗握るゲーム展開に目を離せない試合であっただけに、柳原の最後の1点は何かのドラマのワンシーンのようでした。
        先輩はもちろん、同期や後輩が続々と試合に出てチームを勝利に導く姿に、新しいチームの勢いを感じます。
        また、私にとって同期が得点時に応援部に向けて見せてくれるガッツポーズが、一橋大学というチームとして1つになって戦っていることを実感させてくれる何より嬉しいものです。今回の試合の勢いをそのままに、残りの試合も共に戦い勝利を手にしていきたいです。

        一橋大学体育会應援部三年 石井瑞代
        | ハンドボール部 | 23:13 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
        ハンドボール部 春季リーグ第2戦 対帝京大学
        0
          4月19日、東京経済大学国分寺キャンパス体育館にて、
          ハンドボール部の春季リーグ第2戦となる対帝京大学戦が行われました。
          第1戦では東京経済大学に30-22で見事勝利を収めていることもあり、
          ここで連勝して春季リーグの流れを作れるかが懸かった一戦となりました。

          前半は鋭いパス回しで積極的に攻め、ゴールを狙っていきます。
          攻撃では3年生の角谷が活躍し、先制点を奪います。
          その後も得点を重ねますが、相手である帝京大学も第1戦で
          千葉大学に勝利していることもあり、流れに乗っているのか
          得点を追い上げてきます。
          ここでゴールキーパーは4年生の加藤さんから3年生の都築へ
          バトンタッチとなります。
          都築は帝京大学の速いシュートをきっちりと止め、
          試合の流れを一橋大学に引き戻します。
          同期である都築がゴールキーパーとして活躍する姿は
          初めて目にするところとなったため、
          見事なセーブに大きな歓声が上がりました。
          前半は抜きつ抜かれつの接戦でしたが、
          15-14でリードを死守しました。

          後半では帝京大学の猛攻に苦しめられた30分間でした。
          ここで2年生の倉見が初出場となりました。
          若干緊張した様子でしたが、しっかりとしたパス回しで
          チームに貢献していました。
          3年生の西村、柳原、加藤がディフェンスで良い動きを見せるものの、
          帝京大学が次々と得点を決め、なかなか流れを引き寄せることができません。
          しかし、4年生の加藤さんがナイスセーブを見せ、
          同じく4年生の中丸さんが追加点を決めたところから、
          一橋大学の反撃が始まります。
          試合時間残りわずか、再び3年生の角谷が得点を決め、
          一橋大学のオフェンスが盛り上がりを見せましたが、
          あと一歩届かず、11-14で試合終了となりました。

          結果は26-28で一橋大学の敗北です。
          前半で良い流れが来ていただけに、
          そこを応援で後押しできなかったことに悔しい思いをしました。
          しかし、2年生も試合に出始めたということで、
          新しい力で勢いづくハンドボール部と共に、
          3部昇格に向かって邁進していきたいと思います。

          一橋大学体育会應援部三年 見付愛美
          | ハンドボール部 | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ハンドボール部 秋季リーグ最終戦 対東京都市大学戦
          0
             9月29日、少し暑さが残る中ハンドーボール部の最終戦が東京経済大学の国分寺キャンパスにて行われました。ハンドボール部はこの試合を落としてしまうと下の5部との入れ替え戦に行ってしまう危険性が濃厚になるため絶対に阻止しようと応援に臨みました。

            前半は開始間もなく先制するなど、2年生の仲谷や柳原の活躍で相手を押していきます。守っても2年生の西村や3年生の加藤が何度も好セーブを重ねるなどこれまでの悪い流れを払拭するようなプレーを見せてくれます。しかし相手チームの連続得点も あり、12−14と僅差でこのセットを終えます。

            何とか追いつこうと臨んだ後半では、4年生の香田さんがはじまるやいなやすぐに得点し逆転への兆しを見せます。しかし疲れがプレーに出始めたのか、相手にパスカットからのカウンターを浴びるなど試合が進むにつれずるずると点差を引き離されていきます。一橋も香田さんにボールを集めて対抗しますが力及ばず25−33で敗北してしまいました。

            この試合の敗北により5部との入れ替え戦が決定的となってしました。しかしハンドボール部の皆さんならその試合の日までに修正し必ず勝利してくれるはずです。私もコートの外からしっかり支えていきたいと思います。

            一橋大学体育会應援部3年 竹田光佑
            | ハンドボール部 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ハンドボール部 秋季リーグ第4戦 対横浜商科大学戦 
            0
               9月15日、東京経済大学の武蔵村山キャンパスでハンドボール部の横浜商科大学との第4戦がありました。これまで3連敗を喫しているハンドーボール部をなんとか勝たせるためにもこの応援に臨みました。

              スターティングメンバーは4年生の香田さん、小林さん、3年生の山田、中丸、松石、2年生の角谷、加藤でした。

              前半は、香田さんや加藤が点を決めていく好調な滑り出しでした。しかし、小林さんのスーパーセーブもあるものの相手にも点を決められてしまい点差はそこまで開かず、一進一退の攻防となりました。最終的に13-15で前半を折り返します。

              後半は一橋の力が爆発した形となりました。加藤のパスカットなどで攻撃の起点を増やし。松石や中丸がしっかり点を決めていくことで相手との点差を広げていきます。また、守りでも相手の形を作らせず、シュートミスを誘うことでほぼ完璧に押さえ込めることができました。結果は34-18と快勝でした。

              今まで勝ち星が遠かったハンドボール部にとってこの1勝はとてもうれしいものだったと思います。この勝利を足がかりに連勝街道を築いてほしいです。

              一橋大学体育会應援部3年 竹田光佑
              | ハンドボール部 | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ハンドボール部 秋季リーグ第3戦 対学習院大学
              0
                 9月8日、東京経済大学国分寺キャンパス内体育館にて秋季リーグ第3戦、対学習院大学戦が行われました。開幕戦からまだ勝利を挙げることのできていない一橋大学ハンドボール部にとって、初勝利で飾るためにも、負けられない一戦です。

                スターティングメンバーは4年生香田さん、3年生中丸、松石、山田、2年生加藤(遥)、角谷、ゴールを守るのは4年生小林さんです。
                試合開始後、最初に得点をあげたのは一橋大学。2年生加藤(遥)の先制ゴールから良い滑り出しをみせた一橋大学ですが、点をとっては点をとられて、という互角の展開を繰り広げます。前半は、互いに差をつけることができず、しかし引き離されず互いにくらいついていく白熱した展開をみせ、8対8で前半を終えます。

                後半、2年生柳原や仲谷、西村といったフレッシュなメンバーを投入し、相手を圧倒していきたい一橋大学ですが、徐々に相手に2点3点と差をつけられていきます。しかし、一橋大学ハンドボール部はこのままでは終わりません。終盤、4年生香田さん、2年生加藤(遥)がゴールを決め、相手との差を1点にまで詰めます。勢いに乗ったまま逆転かと思われましたが、最後一歩及ばず、無情にも試合終了のホイッスルが鳴ります。

                結果は、15対18で一橋大学の敗北です。

                今季から3年生を中心とした新しいチーム作りが始まった一橋大学ハンドボール部ですが、これから新体制が勢いに乗り、必ず勝利を重ねてくれると信じています。私たち應援部も、ハンドボール部の勝利を後押しできるような応援をしていきたいと思います。

                一橋大学体育会應援部3年 藤井愛子
                | ハンドボール部 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                ハンドボール部 秋季リーグ第1戦 対東京経済大学
                0
                   9月1日、東京経済大学体育館にて秋季リーグ第1戦、対東京経済大学戦が行われました。
                  東京経済大学は、春季リーグでは27−26で接戦を制した相手です。

                  スターティングメンバーは4年生香田さん、3年生山田、松石、中丸、2年生角谷、加藤(遥)、ゴールを守るのは3年生加藤(直)です。
                  4年生は春季リーグで引退となるため、3年生を中心としたメンバーになります。
                  序盤、相手の勢いにおされ、点差が広がります。半ばに1点差まで詰め寄るも、そこから追い抜くことができません。11対9で前半を終えます。
                  後半、4年生香田さん、3年生山田に代わって、2年生柳原や仲谷が投入され、猛攻を仕掛けますが、相手の素早いディフェンスとパスさばきによってなかなか得点できません。点差はさらに広がり、13対7の6点差をつけられてしまいました。
                  結果は24対16で一橋大学の敗北です。

                  引退した4年生に代わり、私たちの同期である3年生を中心とした新しいチームで進んでいる一橋大学ハンドボール部ですが、春季リーグに惜しくも3部昇格を逃した悔しさをバネに、秋季リーグでは是非3部昇格を目指して頑張って欲しいです。

                  一橋大学体育会應援部3年 宮千咲
                  | ハンドボール部 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  ハンドボール部 春季リーグ第5戦 対埼玉大学
                  0
                     5月11日、土曜日に東京経済大学キャンパスにて埼玉大学との試合が行われました。現在一橋大学は、3勝1分で4部首位をキープしており、この試合は3部自動昇格の夢をつなぐためにも絶対に負けられない戦いです。
                    この日は、あいにくの雨模様でしたが、体育館内では外のじめじめとした空気を一掃するかのごとく白熱した熱い試合が展開されました。

                    練習後に応援にかけつけたため、私たちが到着した時点で既に試合は5分程経過していました。その時点では、得点をとってはとられという拮抗した試合展開。コートには、4年生香田さん、檀原さん、佐藤さん、小林さん、吉冨さん、2年生加藤、狭間が入っています。前半は、相手に点をとられ、差をつけられそうになりながらも4年生香田さん、佐藤さん、吉富さんを中心にすぐさま得点をきめてくれ、相手に隙を与えません。拮抗した展開の中でも、4年生の得点力と、小林さんの好セーブにより、16対14と2点のリードで前半を折り返します。

                    後半、3年生松石を投入し、点差を広げていきたいところですが、前半よりも厳しい戦いを強いられます。相手のシュートが続々と決まり2点のリードはいつのまにかなくなり、一時相手にリードされる展開となります。一橋大学と埼玉大学の1点を取る争いが続く中、キーパー小林さんが気迫あふれるプレーで次々と相手のシュートを体をはってとめます。小林さんの好セーブにこたえるかのように、攻撃陣も4年生香田さんをはじめスピード感あふれるシュートを決めてくれます。

                    その後も手に汗を握る試合が展開され、最終結果27−26。1点差という接戦を制した一橋大学。見事3部自動昇格への夢をつなぎました。この試合では、一橋大学ハンドボール部の粘り強さ、そしてここぞというときに得点を決めてくれる、守ってくれる4年生の方たちの頼もしさを感じました。

                    一橋大学体育会應援部3年 藤井愛子
                    | ハンドボール部 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ハンドボール部 春季リーグ第4戦 対東京都市大学
                    0
                        5月5日、日曜日に東京経済大学にて一橋大学対東京都市大学の試合が行われました。現在2勝1分の一橋大学、4部首位をキープしており、この試合は3部へ自動昇格するために絶対に負けられない一戦です。

                      スターティングメンバーは4年生香田さん、檀原さん、佐藤さん、小林さん、吉冨さん、2年生加藤、狭間です。
                      前半は調子の良い一橋大学、小林さんの好セーブ、吉冨さんのスピード感のあるシュートにより、19対17で前半を折り返します。
                      後半、2年生西村も入り、体格を生かしたディフェンスをかけるものの、東京都市大学の猛攻により点差を縮められてしまいます。ここから一橋大学と東京都市大学の1点を取る戦いが続きます。

                      そして運命の瞬間!現在まで34対34の同点です。オフェンスの一橋が最後のタイムアウトを取り、残り13秒。これが最後の攻撃です。センターラインからパスを繋ぎ、ボールは主将香田さんへ託されます。右側からの鋭いシュートが見事決まり、35対34!東京都市大学は残り2秒で成すすべもなく、試合終了の笛がなりました。

                      この試合を通して、ハンドボール部員の粘り強さ、そして試合を決めるシュートを放った香田さんへの強い信頼感を感じました。試合の最後に笑顔でこちらに向かってくるハンドボール部員と、来季は3部で戦ってくれるであろうハンドボール部員とこれからも一緒に戦っていきたいです。

                      一橋大学体育会應援部3年 宮千咲
                       
                      | ハンドボール部 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |