RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

応援記録

<< ボート部 JAPAN CUP 第35回全日本軽量級選手権大会 | main | アイスホッケー部 国公立リーグ戦第2戦 対東京学芸大学 >>
男子ラクロス部 商東戦 
0
     6月1日、1年生のお祭りである小平祭が東キャンパスで開催されている一方で男子ラクロス部の商東戦が行われました。梅雨入りしたにも関わらず良い天気に恵まれ、一橋の観客席もご父兄の方々をはじめ、在校生や小平祭を抜けて見に来てくれた1年生でにぎわっています。両校の威信をかけた負けられない試合が始まりました。

    第1Q、東京大学のショットを一度はじくも、再び正面からシュートを放たれ、開始早々に1点を先取されます。しばらくオフェンス時間が続きますが、4年伊藤さんから4年古川さんにフィードが通りショットが決まりました。待望の得点となり1−1の同点です。その後東大の得点が続きスコアは1−4で第1Qは終了します。
    第2Q、なんとしてでも逆転をしたい一橋。観客も必死の声援を送ります。一橋が何回かシュートを放つも、東大のゴールキーパーにセーブされます。その後も果敢に攻めること数分、4年小國さんが得点を決め、スコアは2−4。変わりつつある流れに東大がタイムアウトを取ります。その後1点を決められ2−5で第2Qは終了します。
    第3Q、ここで勝負を仕掛けたいところです。1年生も観客に加わり始め、応援もさらにヒートアップします。まずは同点に追いつきたいところ。しかし両者得点を許さず、試合は動かないまま、運命の第4Qを迎えます。
    第4Q、3年山内が上がり際のショットを決め3−5。2点ビハインドとなります。ラスト9分、4年小國さんが本日2得点目を決めます。そしてさらに4年増田さんが右上からショットを放ち5−5の同点に追いつきます。怒涛の得点ラッシュに観客席では得点を決めた時のコール、ゾンビネーションが鳴り止みません。そしてラスト1分で3年奥野が上がり際のショットを決め6−5と1点リード。そのまま逃げ切り、6−5で一橋側の勝利となりました。観客席では立ち上がって怒涛の逆転勝利の喜びを分かち合いました。

    3点を追う形になった第4Qで4点の得点を見事決めた一橋。日頃の努力の積み重ねとメンタル面の強さを垣間見られたように思います。この調子で秋シーズンは関東学生王者の奪還を目指すべく、私たちも共に頑張りたいと思います。

    一橋大学体育会應援部3年 坪内優美

    | 男子ラクロス部 | 11:13 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    昨年の商東戦を知る身としては観戦すべき一戦でした。
    あいにく都合がつかず思いは国立でしたが、ベストな勝利。
    坪内さんがピョンピョン跳ねて応援したから最後に
    メークドラマがまっていたのではないかな。
    應援団の力が発揮できて嬉しいです。
    | オレンジ戦士 | 2013/06/07 10:09 PM |

    失礼しました。
    体育会應援部です。
    三商ステージまで、あと二週間。
    全力で駆け抜けてください。
    22番目の部員の気持ちです。
    | オレンジ戦士 | 2013/06/07 10:59 PM |










    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/68