RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

応援記録

<< 硬式野球部 春季リーグ第4戦 対東京工業大学 | main | 硬式野球部 春季リーグ第5戦 対東京工業大学 >>
フィールドホッケー部 春季リーグ第2戦 対中央大学
0
     5月5日日曜日、昼下がりの日差しの中、明治八幡山グラウンドにて春季リーグ第2戦が行われました。入れ替え戦への進退をかけた負けられない一戦は、一橋のセンターパスから開始されました。
    序盤から中央大学は立て続けにPCを奪い一橋のゴールを脅かしますが、4年生新美さんが確実な守りを見せ、得点を許しません。その後も果敢に攻める中央大学に対し、一橋も懸命にパスをつなぎ敵陣サークル内に何度も侵入します。しかしなかなか得点に結びつきません。
    中央大学の堅い守りを崩すべく、選手たちは私たちの目の前で懸命の走りを見せます。
    両者とも互角の戦いを見せますが、前半31分で見事3年生山田がゴールを決め、待望の先取点を獲得。右サイドから放たれたシュートのリバウンドボールを押し込む冷静な判断に対し、会場も沸き立ちます。このまま前半は終了し、1−0で一橋のリードとなりました。
    この勢いに乗り、後半でリードを広げたい一橋。1点を追う中央大学はさらにパワーアップしたプレーを見せ、試合は激しさを増します。4年生飯島さんを始めとするFW陣はプレスで何度もボールを奪い、積極的に攻める姿勢を見せます。試合終了間際、何としてでも1点を奪い取りたい中央大学による怒涛の攻撃を冷静に守る一橋。PCを奪われ、固唾をのんで見守る場面も多くありましたが、一橋はしっかりと守りきり、1−0でこの試合に勝利をしました。
    今回の試合では森岡や岡田、山本といった2年生が多く活躍をし、それを3年生山田、隅田や飯島さん、本田さんを始めとする4年生がしっかりと支える姿が印象的でした。
    昇格に向け、大きな一歩を踏み出した一橋。この調子でまだまだ続く試合も共に戦っていきたいと思います。

    一橋大学体育会應援部3年 坪内 優美

    | フィールドホッケー部 | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/60