RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

応援記録

<< アメリカンフットボール部 秋季リーグ第二戦 対日本体育大学戦 | main | 男子ラクロス部 秋季リーグ第3戦 対東京大学戦 >>
準硬式野球部 秋季リーグ第4戦 対帝京大学
0
     一橋大学準硬式野球部は、今シーズンより東都リーグ4部から3部に見事昇格を果たしており、勢いに乗っている部の一つといえます。
    リーグ戦3試合を終え、1勝2敗という成績で迎えた第4戦、ここで勝利をおさめ優勝戦線に喰らいついていきたいところです。

    対戦相手は帝京大学。2勝1敗で優勝候補の一角とされている強豪です。

    一橋大学は先攻。先発投手は1年工藤、捕手は1年根本と、フレッシュな1年生コンビがバッテリーを組みます。ほかにも、サードに田嶋、ライトに田下と、1年生が多く先発し、新しい風を感じる布陣となりました。

    序盤は、互いにランナーは出すも得点は奪えず、緊張感のあるスタートとなります。
    1年工藤も、ランナーを背負っても落ち着いた投球で確実にゴロに仕留めます。

    しかし3回裏に帝京大学に1点先制されると、5回裏にも2点を追加されてしまいます。

    反撃に出たい一橋大学は、直後の6回、4番2年大形が見事な3塁打でチャンスを作ると、続く5番3年鹿嶋がタイムリーヒットで1点を返します。

    ここで踏ん張りたい投手工藤。しかし、相手の小技を含めた攻撃にエラーが絡み、さらに2点を失ってしまいます。

    逆転を諦めない一橋大学は8回、ランナーを2塁におき、3番角谷がタイムリー。角谷は貪欲に2塁を目指しアウトとなるも、果敢な姿勢が見られたワンシーンでした。

    9回にもランナーを出し粘るも、無得点で試合終了。
    結果は2−5でした。

    しかし、バッテリーを含めた多くの1年生の活躍と、2年、3年の確かな力が随所に見られ、次試合以降に期待が持てる試合でした。
    ここから食らいついていけるよう、全力の応援を誓います。



    一橋大学体育会應援部3年 原田義史
    | 準硬式野球部 | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/33