RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

応援記録

<< 男子ラクロス部 秋季リーグ第4戦 対日本体育大学戦 | main | フィールドホッケー部秋季リーグ第2戦 対武蔵大学戦 >>
準硬式野球部 秋季リーグ第3戦 対明治薬科大学戦
0

    10月1日、首都大学東京グラウンドにて、準硬式野球部秋季リーグ第3戦対明治薬科大学戦が行われました。

     

    ここまで1勝1敗で迎えた一橋ですが、この試合の相手明治薬科大学とは過去4試合で2勝2敗、もつれる試合が予想される相手です。しかしリーグ戦の流れに乗っていくためにも必ず勝っていきたいところです。
    先発投手は2年生の山本麗貴。過去4試合明治薬科大学戦で投げており、安定した成績を残しています。
    1回表、1死後連続で出塁を許し1死1、2塁としますが後続をしっかり抑え無失点で切り抜けます。
    対する1回裏一橋大学の攻撃では同じく1死1、2塁としますが後続が続かず無失点に終わります。
    2回表、山本麗貴はランナーを出しますがやはり要所をしっかり抑え失点を許しません。
    ここまでお互い無失点で試合が運ばれていましたが、試合が動いたのが2回裏でした。
    1死後続く1年生東が右前打を放ち続く3年生根ケ山の犠打で2死2塁とします。さらに四球で2死1、2塁となると、バッターは1番の3年生菊池。見事レフトオーバーの2塁打を放ち東が生還します。その後暴投もありこの回見事2点先制します。
    そして続く3回裏、2死から2年生吉岡が四球を選び出塁します。盗塁を決めチャンスを広げると、3年生武本が相手エラーで出塁する間に3塁へ進します。2死1、3塁で迎えるは東。野手の合間に落ちるヒットで吉岡が生還し3-0とします。
    流れに乗った一橋は3回以降山本麗貴が圧巻のピッチングを続けます。3回から6回まで明治薬科大学打線に2塁を踏ませないピッチングで見事0点に抑え、試合は終盤に差し掛かります。
    序盤点を重ねた一橋打線も、相手投手の尻上がりのピッチングに抑えられ追加点を奪うことが出来ません。
    7回表、先頭打者を抑えますが、四球とヒットが重なり1死満塁となります。ここまでで最大のピンチを迎えた一橋でしたが、続く打者に四球を与えてしまい、ついに1点を献上します。ここで踏ん張りたかった一橋でしたが、不運なヒットで同点とされてしまいます。そして悪い流れを断ち切れず、逆転を許します。
    3-4と1点ビハインドとなって迎えた7回裏の攻撃、3年生永嶌が出塁し1点をもぎ取るべく盗塁を企画しますが惜しくも失敗。無得点で攻撃を終えます。
    8回表、山本麗貴の力投を継いで吉岡がマウンドに上がります。ここをしっかり抑え裏の攻撃に繋げますが得点ならず、最終回に入ります。
    9回表、吉岡が連打を許し無死2、3塁となります。その後吉岡が踏ん張り三振を取りますが続く打者の当たりがアンラッキーなヒットとなり追加点を許します。しかし後続を意地で抑え9回の裏に望みを繋げます。
    何としてもこの回逆転したい一橋。先頭菊池の執念の1打が相手のエラーを誘い出塁します。我々応援部も流れを圧倒的一橋に持って行こうとしますが、後続の当たりは惜しくも出塁には繋がらず。
    3-5で敗北となりました。
    リードはしていたものの中盤試合が停滞してしまった時に応援部の声援であと1打あと1点が生み出せたと思います。
    今回の準硬式野球応援に限らず、最近、終盤に流れを持っていかれ、何とか逃げ切ったり同点にされてしまったり逆転されてしまうという試合が起きてしまっています。
    応援部全体の力というものをしっかり上げ、応援部が流れを作るということを個々人が意識しまたその想いを共有できるよう、活動に取り組んでいきます。
    一橋大学体育会應援部準幹部 杉山健人
    | - | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/249