RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

応援記録

<< ハンドボール部 秋季リーグ第4戦 対東京農工大学戦 | main | 男子バレーボール部 秋季リーグ第1戦対上智大学戦・第2戦対明星大学戦 >>
硬式野球部 秋季リーグ第1節第2戦 対成蹊大学戦
0

    9月10日、硬式野球部秋季リーグ第1節第2戦対成蹊大学戦が上智大学秦野キャンパスにて行われました。前日の試合では中盤まで両者譲らぬ展開でしたが終盤に攻め込まれ敗北してしまっただけに、勝ち点を取るためにも絶対に負けられない戦いです。

     

    先発は3年田坂。立ち上がりに苦しみ、エラー、四球でランナーをためるとスリーランホームランを打たれてしまいます。

    さらに2回表、初回の悪い流れをそのままにヒットや四球、エラーが絡んで一挙8点を奪われてしまいます。

    3回表、ピッチャーが4年岡さんに変わります。前日に続く連投でしたが岡さんは圧巻のピッチングを見せ3回以降無失点ピッチングを続けます。

    そんな岡さんのピッチングにより一橋打線が反撃ののろしを上げます。

    6回裏、1番大北がエラーで出塁、2番大西、3番前野さんがヒットで出塁し1死満塁とすると4番里吉さんの犠飛で1点を返します。

    続く7回裏、5番阿部のヒットから一橋打線の猛攻が始まります。

    6番川畑さんが四球で出塁、8番代打長谷川さんがヒットを打ち1死満塁とすると9番加藤がサードへのタイムリーヒットで1点を返します。続く大北が押し出しで1点。また大西がタイムリーヒットで続きさらに四球・死球が絡んだ後に川畑さんがタイムリーヒットを放ちます。このように打線が爆発した一橋は打者一巡の猛攻でこの回一挙6得点。4点差に迫ります。

    3回からリリーフした岡さんは8回まで無失点ピッチングを続けていましたが9回表2死満塁となったところで4年前野さんにスイッチします。しかしここで代わり端をとらえられ惜しくも3点追加されてしまいます。

    7点差で迎えた9回裏、この回に全てを賭けますが惜しくも反撃実らずそのまま敗北。14-7でした。

     

    初回に応援部が流れを作れず、2回も流れを取り戻す応援を出来ませんでした。

    また7回の反撃時ももう1つ流れを押し上げる応援を出来なかったことが課題として見えました。

    応援部がしなければならないのは流れが悪くなりかけた時に応援で流れを取り戻し、流れがいい時にさらにそれを後押しすることです。

    第2節以降硬式野球部が必ずや勝ち点を取れるように我々応援部も反省点を改善し、硬式野球部が1つでも上の順位に行けるよう後押しをしていきます。

     

    一橋大学体育会應援部準幹部 杉山健人

    | - | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/244