RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

応援記録

<< バレーボール部 秋季リーグ初戦 対東京経済大学戦 | main | 女子ラクロス部 関東学生女子リーグ第3戦 対専修大学戦 >>
アメリカンフットボール部 秋季リーグ初戦 対東京農業大学戦
0

    9月11日、東京農業大学経堂グラウンドにて、秋季リーグ初戦対東京農業大学戦が行われました。

    昨年2部降格となってしまった一橋大学クリムゾン。

    1部昇格に向け、必ず勝利したい大事な一戦です。

     

    第1Qは東京農業大学のキックオフで開始します。

    始めから良い流れを作りたい一橋は、4年生の柴田さんを中心に攻撃を仕掛けます。

    なんと開始してから間もないうちに、3年生の佐々木がランプレーで相手ディフェンスをかわし、そのままタッチダウンを決めます。

    続くトライフォーポイントも4年生の吉川さんがしっかりと決めて開始早々7点を先制し、観客席を大いに沸かせます。

    東京農業大学もランプレーを中心に果敢に攻めてきますが、4年生の鈴木中庸さんや同じく4年生の丸山さんをはじめとするディフェンス陣が堅い守りを見せます。

    まだまだ一橋の勢いは止まりません。

    4年生の木村さんらの活躍の下、順調にファーストダウン獲得を繰り返し、相手陣ゴール前1ヤードから再び3年生の佐々木がタッチダウンを決めます。

    4年生の吉川さんが抜群の安定感でトライフォーポイントを確実に成功させ、第1Q終了時点で14点のリードを奪います。

     

    第2Qは一橋のオフェンスから開始します。

    相手のディフェンスに阻まれ、なかなかファーストダウン獲得にはつながりません。

    対する相手は第1Qと同様のランプレーに加えてパスを織り交ぜた攻撃で攻めてきます。

    しかしながら、2年生の佐藤や2年生の中村のパスカット、2年生の黒野のQBサックが成功し、相手に得点を許しません。

    互いに追加点がないまま、前半戦を終えます。

     

    ハーフタイムをはさみ、一橋のキックオフで第3Qが開始します。

    前半戦に引き続き、3年生の国武のタックルなどで相手の攻撃を防ぎます。

    攻守交替し、一橋の攻撃が始まります。

    ランプレーが次々と決まり、相手陣23ヤードから4年生の柴田さんのランプレーでさらに追加点を獲得し、相手に20点もの差をつけて第3Qが終了します。

     

    運命の第4Q。東京農業大学の攻撃で開始します。

    4年生の北越さんらが奮闘しますが、ここで相手に得点を許してしまいます。

    流れを引き戻したい一橋ですが、ボールをファンブルし、再び相手に攻撃権を与えてしまいます。

    しかしながら、4年生の小林さんがインターセプトし攻守交替し、自陣40ヤードから攻撃を始めます。

    4年生の田辺さんや2年生の蒔苗のパスキャッチを交えながらファーストダウン獲得を繰り返し、4年生の木村さんがタッチダウンを決めます。

    そして3年生の佐々木がトライフォーポイントを決めて7点を獲得します。

    追加点を狙う相手に対し、4年生の主将である鈴木雄策さんがQBサックを見せ、相手に隙を与えません。

    その後は互いに追加点がないまま試合終了。

    最終スコア27-7で一橋大学クリムゾンの勝利です。

     

    ここ数年間、一橋大学クリムゾンは初戦の勝ち星獲得から遠ざかっていましたが、クリムゾンの皆様の1部昇格への強い思いが今回の圧倒的な勝利に結びついたのではないかと思います。

    しかしながら、ここからがいよいよ勝負です。

    私たち應援部も勝利へのこだわりを絶やすことなく、クリムゾンの皆様に恥じないような応援をしてまいります。

     

     

    一橋大学体育会應援部3年 高田靖子

    | アメリカンフットボール部 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/221