RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

応援記録

<< ボート部 第38回全日本軽量級選手権大会3日目 | main | アイスホッケー部秋季リーグ戦初戦 対山梨学院大学戦 >>
男子ラクロス部 秋季リーグ第3戦 対東京大学戦
0

    9月3日、駒沢オリンピック公園総合運動場第2球技場にて、男子ラクロス部の秋季リーグ第3戦、対東京大学戦が行われました。

    6月に行われた商東戦で悔しい結果となってしまったため、今回の試合はFINAL4進出への望みをつなぐと同時に雪辱を果たしたい大事な一戦です。

     

    試合は4年生の関口さんのFOで始まります。

    試合開始から間もなく、東京大学がショットを決めて先制すると、次々と得点を重ねていきます。

    一橋も4年生の立川さんや3年生の石川を中心に攻めていきますが、相手のディフェンスに阻まれてなかなか決まりません。

    東京大学が勢いづいたまま3対0の3点ビハインドで第1Qを終えます。

     

    第2Q、一橋が第1Qに引き続き果敢に攻め込みます。

    第2Q開始早々、相手のファールにより一橋のオフェンスにチャンスがきます。

    そして3年生の石川が至近距離からのシュートを決め、ついに1点を返します。

    しかしながら、その後は東京大学が見事なクリアを連発し、一橋のディフェンスが続いたところで第2Qが終了。

    後半戦に望みをかけます。

     

    必ず追いつきたい第3Q。第2Qと同様に開始直後から試合展開が動き出します。

    3年生の今井が見事にショットを決め、ついに1点差に迫ります。

    巻き返しを図る一橋ですが、相手も負けじと攻めの姿勢を崩さず、続々とシュートを決めていきます。

    ディフェンスにおいても、東京大学のゴーリーがナイスセーブを見せてゴールを死守します。

    一橋もゴーリーの4年生石川さんを中心に、堅い守りを見せます。

    相手に追いつくことが出来ないまま2対6とさらにリードを広げられて第3Qを終えます。

     

    迎えた第4Q、東京大学がFOで競り勝ち、東京大学のオフェンスが続きます。

    そんな中、3年生の藤原が3点目を決め、観客席を沸かせます。

    ここから一橋が猛攻を見せますが、相手のディフェンスに阻まれ、なかなか追加点を奪うことが出来ない状況が続きます。

    その一方、東京大学が最後に攻めの姿勢を見せ、さらに3点を追加します。

    試合終了間際、相手のファールにより一橋ボールで試合が再開し、たくさんのチャンスを作ったものの、そこで試合終了。

    最終スコア3対9で一橋大学の敗北です。

     

    試合終了後、主将である4年生の立川さんからFINAL4進出の望みが絶たれたという言葉とともに、目に涙を浮かべる選手の方々やマネージャー・トレーナーの方々の姿があり、改めて自分たちの力不足を痛感しました。

    しかしながらリーグ戦はまだまだ残っています。

    残りの全試合を勝利へと導くため、私たちも日々練習に励んでいきます。

     

     

    一橋大学体育会應援部3年 高田靖子

    | 男子ラクロス部 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/219