RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

応援記録

<< ハンドボール部 春季リーグ第2戦 対学習院大学戦 | main | ハンドボール部 春季リーグ第4戦 対埼玉大学戦 >>
硬式野球部 春季リーグ第3週第2戦 対東京工業大学戦
0
    5月3日、硬式野球部の春季リーグ第3週第2戦対東京工業大学戦が一橋大学グラウンドにて行われました。
    対東京工業大学戦第1戦では惜しくも負けてしまったため、今回勝って勝ち点獲得に繋げたいところです。

    先発投手は満を持して登場したチームの大黒柱、3年前野。
    初回から安定感あるピッチングを見せ、1回、2回を無失点に抑えます。
    3回表でヒットを許し、盗塁を決められてからタイムリーヒットを浴びて1点を先制されたものの、4回の裏で一橋はしっかりと追いつきます。今回の春季リーグから5番バッターに定着し毎回着実に得点に絡んでいる3年川畑が落ち着いて四球を選ぶと、2年川村のヒットにより1死1・2塁とし、再び2年の加藤がタイムリーヒットを放ち見事1点を決めました。

    4回の裏で得点シーンを見せた一橋は、ここから猛攻を始めます。5回の裏、3番里吉が2ベースヒットを打つと、相手のエラーも絡み、川畑のゴロの間に1点を追加します。相手ピッチャーや守備陣が徐々に崩れて来たところを見逃さず、一橋はその後も畳み掛けるようにヒットを重ねます。瀬川がヒットで1死満塁とした後、代打打土井がセンターへのタイムリーヒットで1点を追加、さらに加藤、品川さんもタイムリーヒットを放ちます。一橋は5回の裏で5点を追加し相手を突き放しました。

    6回の表では四球により出塁を許したこともあり1点を失いましたが、6回の裏では里吉のヒット、川畑のタイムリー2ベースヒットにより再び1点を追加し相手を寄せ付けません。

    7回からは3年岡が継投として登板、7回表と8回表を3者凡退に抑え一橋の流れを加速させます。
    岡が好投を見せると打線もさらに勢いに乗り、7回裏では2年大西、大崎の活躍や4番黒崎さんの長打から3得点を決め、8回裏でも2点を追加、10点差をつけて9回に臨みます。

    9回では、岡に代わり2年田坂が登板し、2年生ながらも堂々としたピッチングでしっかりと3者凡退に抑えました。

    最終スコアは12-2で一橋の勝利です。第1戦で負けた相手に10点差をつけて勝つことができ、一橋の強さを見せつけられた試合になったと思います。また、今回の試合では全員がヒットを放っており、一橋の層の厚さも感じさせられました。
    この勢いのまま4部優勝を果たし、入れ替え戦に進むことができるよう、今一度気を引き締め、硬式野球部の皆さんとともに戦っていきたいと思います。


    一橋大学体育会應援部3年 染谷桃子
    | 硬式野球部 | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/213