RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

応援記録

<< フィールドホッケー部 秋季リーグ順位決定戦予選 対立教大学戦 | main | フィールドホッケー部 秋季リーグ1部2部入替戦 対駿河台大学戦 >>
アメリカンフットボール部 秋季リーグ第6戦 対帝京大学戦
0
    11月15日、アメリカンフットボール部秋季リーグ第6戦、対帝京大学戦がアミノバイタルフィールドにて行われました。前節では今季のリーグ戦初白星を挙げており、その勢いのままに必ず連勝したい一戦です。

    前半、選択権を得た一橋は後半のレシーブを選択し、ディフェンスからの試合開始となります。最初の相手の攻撃は隙を与えずしっかりと抑え込み、puntに持ち込みます。続くオフェンスでは、4年生高比良さん・小野さんなどの活躍でランプレーにより着実にダウンを更新し、3年生谷口の見事なランによりTD。トライフォーポイントも3年生吉川がしっかりと決め、7点を先制します。ディフェンスでは相手を圧倒し再び攻撃権を得ると、自陣40ヤード地点で4年生長島さんから3年生吉川へのパスが通り、そのまま帝京守備陣を置き去りにゴールまで独走、TDを決めます。キックも決めて14-0とリードし、第1Qが終了します。

    続く第2Q、それまで一橋のディフェンス陣によって完全に抑えられていた帝京のオフェンスが徐々に動き出します。ランプレーにより少しずつ着実にボールを運んでいき、ゴール直前まで運ぶとフィールドゴールを決められてしまいます。このまま14-3とリードした状態で前半を終えます。

    第3Qは両者共攻めあぐね、無得点のまま第4Qへと突入します。一橋はまたも着実なランプレーとパスプレーを織り交ぜて帝京陣深くまで攻め込み、フィールドゴールを決めて点差を14点に広げます。しかし帝京にパスを通されTDを決められると、次の攻撃で一橋がロングパスを狙った場面で帝京にインターセプトされ、そのままTDを決められてしまいます。しかし同点に追い付かれたかと思われたトライフォーポイントをなんと3年生小林がブロックにより止め、1点差で踏みとどまります。このプレーに観客席は大いに湧き立ちました。残り時間が少ない中なんとか点差を広げ勝利を確実にしたい一橋は、相手の甘いパスをインターセプトし攻守交代かと思われましたが、直前にファールマーカーが上がっており交代とはなりません。しかしその後も堅実なディフェンスで守りきり、1点差のまま試合は終了、17-16で一橋の勝利となりました。

    3年生小林のブロックを始め、ディフェンス・オフェンス共に力強く、勝利への執念が非常に感じられた試合でした。連敗から脱却し2連勝と波に乗る一橋が次戦のリーグ最終戦で迎え撃つのは宿敵・東京大学です。この良い流れのままに、必ず東京大学を大差で蹴散らし、1部残留を決められるよう我々も全力で臨みたいと思います。

    一橋大学体育会應援部3年 荒井菜摘
    | アメリカンフットボール部 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/202