RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

応援記録

<< 女子ラクロス部 関東学生女子リーグ最終戦 対関東学院大学戦 | main | 硬式野球部 秋季リーグ第2節第2戦 対東京都市大学戦 >>
ハンドボール部 4部5部入替戦 対拓殖大学戦
0
    10月10日、ハンドボール部の4部5部入替戦対拓殖大学戦が日本体育大学健志台キャンパスにて行われました。
    5部残留をかけた試合であると共に、4年生の秋まで残られた加藤さん・西村さんの引退試合でもあり、絶対に負けられない試合です。

    前半開始早々、先制点を奪ったのは一橋。4年生加藤さんのロングシュートです。2年生の頃からずっと活躍されてきた加藤さんが幸先良く先制点を取ったことで、一橋側のベンチは大いに盛り上がりました。そして、その後も4年生西村さん、3年倉見をはじめとして、一橋は着実に点を重ねます。ですが、相手も負けてはいません。中盤からは一橋にとって苦しい展開となります。3年吉田が見事相手のシュートを止める場面も見られたものの、立て続けに相手に得点されてしまいます。なかなかこの流れを断ち切ることができず、9-16で前半が終了します。

    切り換えて逆転を狙いたい後半。
    4年生加藤さん、3年工藤などが果敢にシュートを放つ場面が印象的でした。しかし惜しくも決まらず、また相手の攻撃に、ということが何度も繰り返されます。この良くない流れを断ち切るためか、若いメンバーが投入されます。それが、2年吉岡、2年吉原、1年溝口、1年飯塚です。なかでも、2年吉岡、2年吉原はシュートを決めるなど活躍を見せ、存在感を放っていました。また、相手に攻められる場面が続く中、キーパーの1年飯塚が見事なセーブを見せ、その度に一橋側のベンチは湧きました。どの選手も健闘を見せてくれましたが、結局追いつくことはできず、18-33で試合終了となります。この結果、一橋の5部降格が決定しました。

    春で多くの4年生が引退し、しかも新体制という不安の中、ハンドボール部の方々に届くような応援ができなかったことが、5部降格という結果につながってしまったのだと思います。また、拓殖大学は春の入替戦で接戦の末勝利した相手であったにも関わらず、今回の入替戦では大差をつけて負けてしまい、残念であると共に、本当に申し訳なく思います。今回の結果を受け、私たちの応援の存在意義をもう一度見つめ直さなければならないと感じました。

    一橋大学体育会應援部3年 緒方南実
    | ハンドボール部 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/195