RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

応援記録

<< アメリカンフットボール部 秋季リーグ第3戦 対拓殖大学戦 | main | ハンドボール部 4部5部入替戦 対拓殖大学戦 >>
女子ラクロス部 関東学生女子リーグ最終戦 対関東学院大学戦
0
    10月10日、江戸川区臨海球技場にて、女子ラクロスリーグ最終戦対関東学院大学戦が行われました。4年生の方にとっては、これが引退試合となり、必ず勝利して来年度に繋いでいきたい一戦です。

    最終戦ということもあり、女子ラクロス部の保護者・OGの方々、一橋大学の学生など、様々な大学関係者の方が集まっており、試合前から、ベンチと観客席共に、高揚感が生まれていました。

    そんなたくさんの観客が応援する中試合が開始します。えりかさんの力強いクロスさばきでドローのボールをキープすると、なつこさんへのパスからブレイク成功、試合開始1分後に早速1点を決めます。幸先の良いスタートを切った一橋、その後のドローで再びもえさんがブレイクに成功し、瞬く間に2点目を決めます。
    その後も、えりかさんやなつこさん、もえさんを筆頭に、1on1や、相手のファールからのフリシューを着実に決めていき、前半開始15分経過しても依然、相手に点数を与えることを許しません。

    試合中盤に、相手にフリシューを決められてしまいましたが、それだけで一橋の破竹の勢いは崩れません。しかし、その後のドローからの相手のATのブレイクによって更に追加点を取られてしまいます。相手を勢いづかせないためにも、すかさず一橋ベンチが動き、前半初のタイムアウトをとり自分達のペースに戻そうとします。
    しかし相手も、自分たちに訪れた流れを逃さず、ATを中心にカットインや1on1を積極的に仕掛け、前半が終わる頃には8-6の2点差にまで詰め寄られてしまいます。
    後半のドローで、相手にボールキープをされてしまいましたが、Gみずほさんのナイスセーブによってろりんさんの速攻クリアが成功、なつこさんにボールが渡り、その後のファールからのフリシューで後半の先制点は一橋が奪います。
    まだまだ油断できない戦況ですが、ちよさんの1on1が成功し4点差にまで点差を広げます。
    この後もなつこさんが連続得点を決め、相手のタイムアウトを使わせます。しかし勢いに乗った一橋の勢いはこの後もとどまることを知らず、まゆさん、ろりんさんといった3年生プレイヤーによる、フィジカルの競り合いでナイスグラボからのパス、シュートという良い流れが生まれていきました。

    結果、試合終了時には16-7で、今試合で一番の点差を広げて勝利することができました。今回の試合で感じたのは、ボールダウンからのグラボを必ずと言っていいほど競り勝った、一橋のボールキープへの貪欲さというものが、相手にもプレッシャーをかけることができて勝因にもなったように思えます。なつこさん、えりかさんといった、2、3年生のプレイヤーの大活躍は、来年以降への飛躍も垣間見え期待が高まります。
    この試合で4年生の方は引退となりましたが、有終の美を飾るに相応しい一戦となりました。

    一橋大学体育会應援部3年  山本将史

     
    | 女子ラクロス部 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/194