RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

応援記録

<< バレーボール部 秋季リーグ初戦 対創価大学戦 | main | 硬式野球部 秋季リーグ第3週第2戦 対東京都市大学戦 >>
準硬式野球部 秋季リーグ第2戦 対東京農工大学戦
0
    9月20日、準硬式野球部の秋季リーグ第2戦、対東京農工大学戦が東京農工大学グラウンドにて行われました。東京農工大学は春で5部に降格してきたチームであり、一橋大学が5部優勝、4部昇格を達成するうえで、重要な一戦となりました。

    先発投手は2年北嶋です。1年生であった昨年から好投を見せていましたが、2年生になりさらに安定感を増したように感じました。北嶋の好投により、一橋は無失点に押さえ続けます。一方、攻撃では、2回裏に3年荒川がヒットを放つものの、得点にはつなげられません。そして試合が動いたのは3回裏。ランナー満塁というチャンスの中で、2年園田が相手の隙を突きホームスチールに成功、待望の先制点を獲得します。このまま大量得点を狙いたい一橋ですが、この回は1点止まりで終わってしまいます。

    中盤も北嶋の好投により、相手を押さえ続けます。その裏で追加点をあげたい一橋ですが、ランナーを出すものの、なかなか得点には結びつきません。
    そして8回裏、2年栗山がヒットを放ちます。しかし、相手の守備も粘り、二死一三塁となります。ここで打席に入ったのが3年荒川。ショートへのゴロで、一橋が追加点をあげます。続く4年生田下さんは唯一現役で続けている4年生であり、期待がかかりますが、死球でつなげました。この回は1点で終わり、2-0と一橋がリードした状態で最終回を迎えます。

    最終回、0点に押さえ、表でゲームセットとしたい一橋。ピッチャーは変わらず2年北嶋です。2年栗山の好守により二死となり、あと一歩で一橋の勝利となったときでした。相手の4番打者が打ち上げ、球はセンター後方に。それを3年世羅が見事捕球に成功します。ここでゲームセットのように思われ、応援部も喜びの声援を送っていたところ、農工大の猛抗議により、まさかのホームランとの判定。ここで2点を返され、同点に追いつかれてしまいます。

    不満の中迎えた9回裏、先頭打者は2年園田。しかし、ここで思わぬアクシデントが発生。投球が園田の頭部に直撃、救急車を呼ぶ事態となりました。試合は一時中断。再開後、2年澤田が犠打を決め、一死二塁。そして、二死というピンチで打席に入ったのが3年世羅。先ほどの悔しさをぶつけるかのように、センター前に放ちます。ここで園田の臨時代走の1年永嶌がホームイン、見事一橋がサヨナラ勝ちを収めました。

    最終スコアは2-3であったものの、この秋季リーグから5部に上がってきたとは思えない安定した試合展開を見せてくれました。あのホームランの判定がなければ、北嶋はおそらく完封だったと思います。この勢いで、5部優勝、4部昇格をきっと叶えてくれると信じています。

    一橋大学体育会應援部3年 緒方南実
    | 準硬式野球部 | 07:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/186