RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

応援記録

<< バレーボール部 春季リーグ第4、5戦 第1試合対城西大学 第2試合対神奈川工科大学 | main | ハンドボール部 春季リーグ第五戦 対獨協大学戦 >>
硬式野球部 春季リーグ第5週第2戦 対芝浦工業大学戦
0
    5月3日、硬式野球部の春季リーグ第5週第2戦、対芝浦工業大学戦が芝浦工業大学グラウンドにて行われました。
    前日の第1戦でリーグ戦初勝利をおさめ勢いにのる硬式野球部、ここで必ず2連勝して勝ち点を獲得したいところです。

    先攻の一橋大学は1回表、先頭バッターの寺門さんがなんと初球ホームラン。早々に1点を先制し、硬式野球部のベンチも湧き立ちます。
    続く守備では、先発ピッチャーの3年生倉石が相変わらずの安定した立ち上がりを見せ、1・2回と無失点に抑えます。
    追加点が欲しい一橋大学は3回の表、3番黒崎、4番日下部さんと連続四球で無死1・2塁と好機を作ると、5番文字さんが確実にバントを決め、これがセーフティバントとなり無死満塁と絶好のチャンスを迎えます。ここで相手ピッチャーも意地を見せ6番、7番と打ち取られてしまいます。しかし依然チャンスの続く2死満塁で8番別所さんの押し出し四球により2点目を奪います。
    なおも2死満塁のチャンスの中、9番打土井が打ち上げた打球はフライかと思われましたが、相手のエラーにより一気に走者が還り、さらに3点を追加します。
    畳み掛けたい一橋大学は2死2塁の場面で1番寺門さんが確実にヒットを決め、2死1・3塁とすると、2番品川の打席間で相手ピッチャーのボークにより打土井が生還、さらに1点を追加してなんとこの回5得点という大量得点を奪います。
    4回の裏、相手4番打者に2塁打を許すと、続くバッターにホームランを許し2点返されてしまいますが、5回の表、7番田端さんのヒットや四球により再び2死満塁のチャンスを作ると、3番黒崎の打球を相手がエラーし1点を追加することに成功します。
    この時点で7-2と差をつけ、勝利は確実かと思われましたがここで簡単には勝たせてもらえないのが3部の試合。
    7回裏、8回裏と相手打線が勢いづき、確実にヒットを決めてじわじわと1点ずつ点差を詰められていきます。
    3点差で迎えた9回裏、ここでピッチャーは前日の試合で見事な完投勝利を果たした2年生前野に交代となります。
    エラーと四球により1死満塁とされると、タイムリーヒットによりさらに1点を返され、なおも1死満塁のピンチ。
    切迫した状況の中、勝利を引き寄せるため我々応援部も必死で声を張り上げます。
    そして、その後のバッター2人をきっちりと打ち取り試合終了。
    7-5で一橋大学の勝利、見事勝ち点を獲得しました。

    開幕から苦しい戦いが続いていた硬式野球部でしたが、初の勝ち点獲得で3部残留へと前進しました。
    次戦は現在リーグ2位の強敵・学習院大学との試合です。
    この流れに乗って次戦も2連勝できるよう、我々も全力で後押ししていきたいと思います。

    一橋大学体育会應援部3年 荒井菜摘
     
    | 硬式野球部 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/176