RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

応援記録

<< フィールドホッケー部 秋季リーグ三位決定戦 対立教大学戦 | main | アメリカンフットボールリーグ最終戦 対国士舘大学戦 >>
アイスホッケー部 秋期リーグ第5戦 対東京学芸大学戦
0
    11月24日、東伏見のダイドードリンコアイスアリーナにて、アイスホッケー部の秋期リーグ第5戦となる対東京学芸大学戦が行われました。連敗の流れをくい止めて、最終戦に向けて勢いをつけていきたい大事な局面での試合でした。

    気迫十分のアップを終えて、いよいよ試合開始です。 一橋は第1ピリオドから積極的なオフェンスを見せ、相手ゴールを果敢に狙います。走り込みからのスピード感のあるパス回しで相手のディフェンス陣を翻弄し、身体をぶつけ合いながら進む姿は目を見張る勢いがありました。その中でも特に目立っていたのは、1年生コンビの金浜と山田です。経験者ということもあり以前から活躍している姿を目にしていましたが、見る度に更に強くなっていることが目に見えてわかり、感動を覚えるほどでした。すっかり試合の中心で流れをつかんだ2人は素晴らしいコンビネーションプレーを見せ、そのまま山田のアシストから金浜がゴールを決めて一橋に先制点をもたらしました。

    そして、攻撃もさることながらとても印象的だったのは一橋のディフェンス陣の強さです。4年生の谷口さんや2年生西村の、相手にどこまでも食らいついてパックを奪い取ろうとする鬼気迫るディフェンスは、見ているこちらも圧倒されてしまうほどでした。また、苦しい場面でゴールキーパーの3年津村がナイスセーブで一橋に流れを引き寄せる場面も多々見られ、ディフェンスからオフェンスに繋がる一連の動きの連携が綺麗に流れていき、それが一橋の得点に繋がっていきました。

    第2ピリオドで同点に追いつかれつつ、その後3年青山のシュートで2対1とした一橋は、第3ピリオドで東京学芸大学に一瞬の隙をつかれて得点されてしまい、最終スコア2対2で引き分けという結果になりました。勝ちきることはできなかったものの、内容としてはとても濃く、次に繋がるものとなったのではないかと私には感じられました。残りの2試合で必ず勝ちを重ねられるよう、選手を後押しする応援をしていきたいです。

    一橋大学体育会應援部3年 石井瑞代
    | アイスホッケー部 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/165