RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

応援記録

<< アイスホッケー部 秋期リーグ第5戦 対東京学芸大学戦 | main | アイスホッケー部 秋季リーグ第6戦 対日本医科大学戦 >>
アメリカンフットボールリーグ最終戦 対国士舘大学戦
0
     1129日、アメリカンフットボール部対国士舘大学戦が川崎富士見球技場にて行われました。両大学ともに勝てば入れ替え戦進出という、入れ替え戦への切符をかけた大一番の試合となりました。クリムゾンのホームカミングデーということもあり、いつも以上に大きな声援がスタンドからも送られます。
     
     第1Q、試合は2年生吉川のキックで開始されます。開始直後から一橋は勢いがあり、国士舘の攻撃を阻みます。国士舘はパントを選択し、一橋へと攻撃権が移ります。一橋は3年生高比良がランプレーで大きく前進させ、ゴール前へと進みます。最後は4年生工藤さんが走り込み、キャッチを成功させてタッチダウン、一橋が先制します。キックも確実に決め、7-0とします。
     
     第2Q、国士舘の攻撃を一橋は抑え込んで攻撃権を得ますが、相手ディフェンスもかたく、ダウンを更新することができません。しかし、4年生平野さんから4年生東さんへのパスが成功すると、3年生高比良のランプレー、2年生田辺のパスキャッチなど良い流れを作り、一気に相手陣地へと攻め込みます。惜しくもタッチダウンまでつなげることができず、攻守交代となります。前半終了間際、国士舘はロングパスを試みるものの一橋が抑え、7-0で前半を折り返します。
     
     第3Q、一橋は4年生平野さんのロングランで大きく前進し、開始から流れを作っていきます。一橋は相手のディフェンスをかわしてゴール付近へと攻め込むと、最後は3年生長島が走り込み、見事タッチダウンを決めます。キックも成功し14-0とリードを広げます。タッチダウンを決めたい国士舘もランプレーを中心に前進しますが、一橋は国士舘の攻撃を抑えて攻守交代となります。
     
     一橋の攻撃から始まった第4Q4年生東さんや3年生高比良のパスキャッチ、3年生小野のランプレーなど一橋は勢いを見せ、相手陣地へと攻め込みます。しかし、国士舘もなかなか一橋の攻撃を許さず、一橋はキックを選択します。これを4年生工藤さんが成功させ、17-0と点差を広げます。得点を決めたい国士舘は、ロングパスを成功させると大きく前進し、ゴール付近へ攻め込みます。2年生小野のパスカットなど一橋は粘りを見せるものの、国士舘のパスが成功しタッチダウンを決められてしまいます。相手のキックも成功し、17-7となります。ここで勢いづいた国士舘は一橋の攻撃を抑えると、続く攻撃で一橋のディフェンスをかわしてゴール付近へと進みます。しかし、一橋も相手にタッチダウンの機会を与えません。国士舘はキックを選択し、17-10と追い上げます。残り時間も少なくなり、一橋は相手の攻撃を確実に抑え込んで最終スコア17-10で一橋の勝利となりました。
     
     ついに、1部の舞台へと返り咲くための大きな1歩を進めました。4連勝で迎えた本日のリーグ最終戦、クリムゾンの勢い、勝利への想いを強く感じました。今シーズン、1部昇格を掲げて戦い続けてきたクリムゾン、入れ替え戦は厳しい戦いとなるでしょうが、必ず勝利し来シーズン1部で戦う姿を見ることができると信じています。クリムゾンの選手を応援するに足る姿を見せられるよう、精進していきたいと思います。
     
    一橋大学体育会應援部三年 山内史織
     
    | アメリカンフットボール部 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/164