RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

応援記録

<< バレーボール部 秋季リーグ第2、3戦 第一試合対都留文科大学 第二試合対明治学院大学 | main | 硬式野球部 秋季リーグ第2節第2戦 対東京都市大学 >>
バレーボール部 秋季リーグ第4戦 対東洋大学、第5戦 対帝京平成大学
0
    10月12日、バレーボール部の秋季リーグ第4戦、対東洋大学戦と、同じく第5戦、対帝京平成大学戦が一橋大学小平キャンパス体育館にて行われました。3部昇格のかかった大事な2試合で、選手の気合もひしひしと伝わり、必ず2試合とも勝てるよう、こちらも身の引き締まる思いで迎えた試合となりました。

    第1試合の対東洋大学戦は、第1セットの序盤から点数を追う展開となりました。一橋も2年生の粟野や1年生の小林を中心に力強いスパイクで相手のレシーブを切り崩すとともに、3年生リベロの駒が厳しいボールを何度もあげて食らいつきますが、一歩及ばず第1セットを落としてしまいます。続く第2セット、立ち上がりはとてもいい空気で、相手にリードは許すものの第1セットよりも勢いづいた一橋は、ブロックポイントなどで流れを作ります。また、ピンチサーバーとして出場した1年生の竹内は、緊張する場面でしっかり仕事をこなして相手の陣営を崩すとともに、持ち前の明るさでコート内を活気づける姿が印象的でした。さらにこのセット中盤からは4年生小崎さん、3年生染谷も交代選手で出場して空気を一新し、そこから小林のサーブで波に乗った一橋はついに同点まで追いつき、シーソーゲームを繰り広げます。取って取られての手に汗握る攻防が続く中、いよいよデュースまでもつれ込みましたが、最終的に惜しくも届かずこのセット25-27で一橋が落とし、0-2で一橋の敗北となりました。

    第1試合でとても悔しい思いをした分、続く第2試合、対帝京平成大学戦の一橋の勢いはすごいものがありました。特に第1試合でも圧巻のプレーを見せた4年生の大原さんの強烈なスパイクは一橋に一気に流れを呼び込みます。終始一橋が主導権を握る形で試合が展開し、途中流れが無効に行きそうになる場面もありましたが、4年生池川さんのサーブや3年生佐々木の活躍もあり、第1セットに続き第2セットも一橋が獲得して、この試合一橋のストレート勝ちとなりました。

    これにより一橋は秋季リーグ戦4部Bリーグ3位となり、最終戦の4部順位決定に臨むこととなりました。
    私にとってバレーボール部応援自体、この3年間でこれが2回目というとても貴重な機会で、バレーボール部員の皆さんには普段からとても仲良くしていただいていることもあり、必ず2試合とも勝たせる気持ちで臨んだ試合でした。そのため、1試合目に負けてしまったことが悔しくて仕方がありません。
    次の試合は4年生の方々の引退試合となります。必ずや有終の美を飾っていただけるよう、全力で応援したいと思います。

    一橋大学体育会應援部3年 石井瑞代
    | バレーボール部 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/157