RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

応援記録

<< ハンドボール部 秋季リーグ第五戦 対横浜国立大学戦 | main | バレーボール部 秋季リーグ第4戦 対東洋大学、第5戦 対帝京平成大学 >>
バレーボール部 秋季リーグ第2、3戦 第一試合対都留文科大学 第二試合対明治学院大学
0

     105日、一橋大学小平国際キャンパスの体育館にて、バレーボール部の秋季リーグ第23戦となる対都留文科大学、対明治学院大学が行われました。バレーボール部は今季のリーグで3部昇格を念頭において闘っており、一試合目は惜しくも敗北しているということもあり、この二試合は何としてでも勝ち星を挙げたい試合でした。

     

     一試合目は都留文科大学との試合です。第一セットは序盤から一橋がリードを広げます。四年生大原さん、槌尾さんのダブルブロックが何度も決まり、相手に思うようにオフェンスをさせない様子が印象的でした。そのまま相手の追随を許さず、2516で第一セットを獲得します。第二セットの序盤は第一セットとは打って変わって、相手に大きくリードを許します。点差が5点まで大きくなったところで一橋も徐々に得点を取り始めます。相手のミスも重なるなどして中盤でついに逆転。そのままの勢いで第二セットを2520で獲得し、最終スコア20で見事ストレート勝ちしました。

     

     二試合目は明治学院大学との試合です。二試合目も序盤から一橋が飛ばします。二年生粟野や三年生佐々木の強烈なアタックなどで相手を黙らせます。第一セットは2518で一橋が先取。続く第二セットを獲得すれば二試合連続ストレート勝ち達成ということで期待が高まります。第二セットは序盤こそ相手にリードを許すものの徐々に差を縮め、10点目で見事に逆転。その後点差がどんどん広がっていくなかで相手はタイムアウトをとるなどして流れを変えようと試みますが、一橋優勢の流れは変わらず。そのまま2セット目を2518で獲得。最終スコア20で、見事二試合連続ストレート勝ちを達成しました。

     

     今回の二試合ではどちらとも終始良い雰囲気で展開することができました。バレーボール部の皆さんは、アップをしている時も試合をしている時も常に選手同士で声掛けをし、また応援席からも明るく楽しい応援が聞こえてくるなど、非常に良い雰囲気を作り出しているチームだなとつくづく思いました。また、一年生の小林や竹内といった若いメンバーの出場もあり、今後の活躍が楽しみになる試合でもありました。この二試合で感じた良い雰囲気のまま秋季リーグ残りの試合も勝ち進んでいってほしいと思います。

    一橋大学体育会應援部3年 村山諒

     
    | バレーボール部 | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/155