RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

応援記録

<< 男子ラクロス部 秋季リーグ最終戦 対立教大学戦 | main | バレーボール部 秋季リーグ第2、3戦 第一試合対都留文科大学 第二試合対明治学院大学 >>
ハンドボール部 秋季リーグ第五戦 対横浜国立大学戦
0
    10月5日、ハンドボール部秋季リーグ第五戦、対横浜国立大学戦が茨城大学水戸キャンパスにて行われました。
    台風接近で大雨の降り、気温も低い中、体育館には選手たちの熱気がこもっていました。
    連敗が続く一橋大学ハンドボール部としては、ここで一勝をあげたいところです。

    この日はレギュラー3人が怪我などの諸事情で不在ということもあり、スターティングメンバーは3年生加藤、角谷、西村、2年生山本、倉見、1年生吉原に、キーパーが2年生の吉田と、比較的若い選手で構成されていました。
    前半から一橋大学と横浜国立大学は激しい攻防を見せます。
    去年から活躍している加藤、角谷に加え、山本、倉見も果敢にゴールを狙います。
    最初に得点したのは一橋大学。
    しかし、横浜国立大学もすぐに点を返し、追いつきます。
    ディフェンスでは3年生加藤が積極的に動きますが、その勢いは圧倒的なものがありました。
    加藤が警告をうけ、一時退場すると、代わりに出場したのは1年生橋本。
    全員でパスをつなぎますが、なかなか得点を重ねることができず、前半は18-10と横浜国立大学に突き放される形で終了しました。

    後半では一橋大学が勢いを盛り返します。
    角谷の鋭いシュートや倉見の速攻、山本の左サイドからのシュートが光り、得点を重ねていくと、
    西村や、吉原と交代で出場する2年生越智が粘り強いディフェンスを見せ、
    キーパーの吉田も相手のシュートをしっかりとセーブする場面が見られました。
    一時は5点差まで縮めることができたものの、横浜国立大学も与えられたフリースローを着実に決めるなどし、追いつくことができません。
    途中で橋本や3年生佐々木を投入し、流れを変えようとするも、試合終了。
    後半は15-14と拮抗しましたが、最終スコアは32-25で一橋大学の敗北です。

    正直なところ、試合中はひたすら自分の無力さを痛感するばかりでした。
    選手たちの迫力に飲み込まれそうになり、試合の流れを引き寄せられるようになるためには、真に選手たちの力になるためには、自分にはまだまだ足りないものがあると気付かされました。
    ハンドボール部は同じ3年生が先頭に立って率いている部活です。
    誰よりも必死に、誰よりも熱い想いを持って、次に応援に行くときには必ず勝たせたいと思います。

    一橋大学体育会應援部3年 見付愛美
    | ハンドボール部 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/152