RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

応援記録

<< バレーボール部 秋季リーグ第1戦 対文教大学 | main | アメリカンフットボール部 秋季リーグ第二戦 対桜美林大学戦 >>
硬式野球部 秋季リーグ第5戦 対東京都市大学
0
    9月21日日曜日、前日に引き続き一橋大学グラウンドにて硬式野球部の秋季リーグ第1節対東京都市大学戦第2戦が行われました。前日の試合では相手を寄せ付けない試合展開で勝利した野球部、今日勝って都市大に勝ち星を挙げていきたいところです。

    先発は2年生にして先発ローテーションの柱になっている倉石です。前日好投を見せた3年生の日下部は今日はライトの守備についています。初回は相手の攻撃からでしたが、倉石の見事なピッチングにより3人で切ることが出来ました。倉石のピッチングはテンポが良く、それでいてしっかりストライクを取っていくのでナインが全員落ち着いてプレイ出来ているようでした。そして一橋の初回の攻撃です。1番は3年生の寺門です。3番が定位置でしたが、前日の試合から1番に立っています。この日の最初の打席は選球眼が冴え、四死球で出塁しました。しかしこの日の試合は相手のピッチャーも粘り強く投げ、結局初回は互いに点を入れることが出来ません。そして2回からはまさに投手戦の様相を呈していきます。一橋はランナーを出しながらもショートの文字のファインプレーなどにより相手に3塁まで踏ませません。一方で一橋もランナーは出るものの、なかなか得点に繋げることが出来ません。お互い1点も入らずに8回の裏まで終了しました。しかしドラマは最終回に待っていたのでした。

    9回の表、相手が出塁すると、倉石は打者31人に対し被安打2四死球1という素晴らしい成績を残してマウンドを降ります。代わってピッチャーは前日の試合もクローザーを務めた1年生の前野です。気合い十分でしたが、ここで相手にタイムリーヒットを許してしまい。ついに2点を入れられてしまいます。しかしそこは前野、すぐに持ち直し続くバッターをきっちり打ち取り相手の攻撃を終わらせます。劇的なサヨナラに向けて、一橋の最後の攻撃が始まりました。先頭の日下部からは惜しくもヒットが出ませんでしたが、続くバッターの井川さんが相手からデッドボールをもらい、1アウトのランナーが出ます。このチャンスにバッターは2年生品川に代わって3年生の田端です。そしてここで田端が意地のヒットを見せ1アウト1・2塁とします。そしてここで2年生安田に代わりついに我らが主将山田さんの出番です。キャプテンの登場に沸き立つ一橋ベンチ、そんな気迫に押されたのか山田さんの打球を相手がエラー、満塁とします。この大1番で打席に立つは、寺門です。相手の渾身の1球を、弾き返してタイムリーヒット。一気に2点返し、同点とします。次のバッターは1年生の打土井です。ここで打土井はライトフライに倒れてしまいますが、その隙に2塁の山田さんが進塁しようと走り出します。相手も焦って送球しましたがこのボールがサードを逸れる悪送球になり、その間に山田さんがホームに帰ってきて見事一橋にサヨナラ勝ちとなりました。

    9回の攻防は本当に劇的で、山田さんも仰っていたように諦めない気持ちが目に見えない大きな力を動かしたのではないかと感じました。そして2連勝したので、都市大に勝ち星を挙げることが出来ました。このままの勢いで、第2節も勝っていき、そして神宮で昇格を決められるよう、総力を挙げて応援していきます。

    一橋大学体育会應援部三年 長野太祐
    | 硬式野球部 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/147