RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

応援記録

<< フィールドホッケー部 秋季リーグ第1戦 対中央大学戦 | main | ハンドボール部 秋季リーグ開幕戦 対拓殖大学戦 >>
準硬式野球部 秋季リーグ開幕戦 対東京電機大学戦
0
    9月10日、府中市民球場にて、準硬式野球部の秋季リーグ開幕戦となる対東京電機大学戦が行われました。準硬式野球部は昨年までプレーヤーの最高学年がおらず、3学年そろった試合を応援できるのは私にとってこの試合が初めてのものとなりました。1年生の新勢力も加わり、新しいチームとして初めて臨むリーグ戦ということで、初戦から緊張と期待の入り混じる一戦となりました。

    先攻の一橋は、1年生も含めた打順の中で多彩な攻撃を展開します。相手ピッチャーの不調によるフォアボールも多くみられましたが、やはり目を引いたのは1年生の活躍です。1年生園田は1回の攻撃で三塁打を打って得点につなげ、流れを一気に一橋に引き込みました。これにより1回に3点を獲得した一橋は、続く守備でも勢いを留めません。この日先発を務めたのは1年生の北嶋です。初めてのリーグ戦ということもあり、緊張もあったと思いますが、3年生キャッチャーの根本のリードもあってか、終始落ち着いた様子で安定したピッチングを見せます。バックの守備陣もこれに応え、1回では相手に1点を返されたものの、テンポよく3アウトを取って完全に一橋のペースで試合が展開されました。

    その後2回3回と一橋の得点が続き、7-1と一橋リードで迎えた4回、試合が動き出します。北嶋が打線につかまり、この試合で初めて一橋が押される展開です。この悪い流れを断ち切るために北嶋に代わってマウンドに立ったのが3年生都築です。完全に勢いづいた相手打線を止めるのは至難の業でしたが、そこはさすがの3年生バッテリーがここから落ち着いて確実にアウトを重ね、この回6点を失い1点差まで追いつかれたものの、依然リードしたままで攻撃に繋げることができました。

    その後は攻撃から再び一橋が流れを引き戻し、6回7回には4回の相手の大量得点をなきものにするがごとく続けて6点を獲得して、この試合、最終スコア21-8で一橋大学の7回コールド勝ちとなりました。

    この試合を通して強く感じられたのが準硬式野球部のチームとしての成長です。3学年がそろってそれぞれに自分の役割を果たし、これまでとはまた違ういいバランスでチームが動いている印象を受けました。初戦のいい流れに乗ってここからのリーグ戦で連勝し、6部優勝、5部昇格をともに目指して躍進していきたいです。

    一橋大学体育会應援部3年 石井瑞代
    | 準硬式野球部 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/140