RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

応援記録

<< 硬式野球部 入替戦 第三戦 対成蹊大学戦 | main | アイスホッケー部 秋季リーグ第6戦 対横浜国立大学戦 >>
準硬式野球部 秋季リーグ入れ替え戦 対東京理科大学戦
0
    11月16日、初霜の澄み切った空の下、東京理科大学野田キャンパスにて秋季リーグ入れ替え戦が行われました。4部残留をかけた負けられない試合です。

    2回表、相手の打線に打ち込まれ3点を先取されます。逆転をしようとする一橋ですが、相手の堅実な守備に阻まれます。
    4回裏、2年生根本が内野安打で出塁し、更に2年生田下のスクイズで1点を返します。
    6回表、満塁の危機に陥りますが、2年生のピッチャー工藤を始めとする守備陣が踏ん張り、このピンチを切り抜けます。
    6回裏、キャッチャーとして素晴らしい活躍をした2年生根本が攻撃でも力を見せ、ヒットで出塁します。続く2年生田嶋もヒットを放ち出塁し、4番バッターの意地を見せます。更に工藤のスクイズで1点が追加され、2-3となり1点差まで縮めます。
    7回裏、1年生荒川と2年生奥山のヒットで1点が追加され、同点に追いつきます。
    8回裏、四死球とエラーで逆転し、1点リードで9回を迎えます。
    9回表、逆転のランナーを出すも工藤と内野の連携プレーにより1失点に抑えます。この時点で4-4の同点となります。
    9回裏、ここで得点をすれば勝利する一橋。2年生原口が渾身の内野安打で出塁すると、続く奥山のバントがエラーを呼び1点が追加され、5-4で一橋大学の勝利となりました。

    今回の試合はピンチを切り抜ける勝負強さと、重要な場面で絶対に得点しようという強い気持ちが全面に出ていた試合でした。守備時の連携プレーや、攻撃時に打線を繋いでいく姿勢に、このチームの強さを感じました。4部残留のためにも、次の一戦を共に戦っていきたいと思います。

    一橋大学体育会應援部3年 坪内優美
    | 準硬式野球部 | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://ouenkiroku.hit-c.net/trackback/112