RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

応援記録

バスケットボール部 秋季リーグ1次ステージ第2戦 対山梨大学
0

    9月4日、成蹊大学吉祥寺キャンパスにて、バスケットボール部の秋季リーグ1次ステージ第2戦、対山梨大学戦が行われました。

    9月3日に行われた対国際武道大学戦では、レッドペンギンズは4年ぶりに秋季リーグ初戦での勝利を収めました。
    前日の勝利の勢いをそのままに、必ずや2連勝を成し遂げたいところです。

     

    序盤から流れを掴みたい第1Q、上級生を中心としたスターティングメンバーで試合開始。4年田村さんを中心に着実にシュートを決め得点を重ねていきます。第1Q終了時点でのスコアは28-15、幸先の良いスタートを切ることができました。

     

    13点のリードで迎えた第2Q、第1Qでの勢いをそのままに攻め続けたいところですが、ゴールに嫌われなかなか得点に結びつかず。スコアは14-14で後半を迎えます。

     

    もう一度流れを取り戻したい第3Q。3年岩瀬や1年桂の鮮やかなプレイで18-10と相手を突き放し、再び一橋の流れを取り戻します。

     

    第4Qでは期待の1年生、ベンジャミンが出場します。スコアこそ9-18と点差を広げるには至らなかったものの、彼のダイナミックなプレイングに一橋は大いに湧きました。

     

    そして、最後まで山梨大学の逆転を許すことなく最終スコア69-57で試合終了、一橋大学の勝利となりました。

     

    今回の試合で印象に残ったのは、何と言っても1年生の存在感です。
    見事ベンチ入りを果たした桂、小野、太田、ベンジャミンは、1年生らしからぬ活躍を見せてくれました。
    また、試合に出場しなかった1年生たちも、我々と一緒に応援席を大いに盛り上げてくれました。
    17人の頼もしい1年生たちの今後の活躍に期待がかかります。

     

    例年以上の好調な滑り出しを見せたレッドペンギンズ。
    2連勝の良い流れのまま1次リーグで全勝し、3部へ昇格すべく、我々も後押しして参りたいと思います。

     

    一橋大学体育会應援部3年 乾秀斗

    | バスケットボール部 | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    バスケットボール部 秋季2次リーグ第6戦 対上智大学
    0

      10月4日、千葉大学西千葉キャンパスにてバスケットボール部秋季2次リーグ第6戦、対上智大学戦が行われました。

      これまでの2次リーグでの連勝を続け、残留に繋げたい一戦。
      1年生渋江がベンチ入りし、活躍に期待が高まります。

       

      第1Qは相手の攻撃に押されてしまいました。

      しかし、この苦しい状況の中で、3年生田村などの活躍により得点を重ね、スコア13‐14で第1Qを終えます。

       続く第2Qは3年生風間を中心にゴールを守り、相手の得点を許しません。

      スコア12‐4と圧倒的な点差をつけます。

       この流れのままに点差を広げたい第3Q。
      ところが、風間のケガもあり、再び相手に主導権を奪われてしまいます。

      結果、スコア10‐13で第4Qに突入します。
      4点差で迎えた第4Q。

      風間がケガを押してゴール前に立ちはだかりますが、相手のシュートが決まっていきます。

      残り1分を切ったところで1点差にまで追いつかれてしまいました。
      しかし、最後まで渋江などが果敢に守りきり、
      最終スコア44‐43で一橋大学の勝利となりました。

       

      この日、見事一橋大学の残留が決定しましたが、
      いつ逆転されてもおかしくない展開にしてしまったことについては、課題の残る試合となりました。
      上位リーグに進むことができなかった悔しさをバネに、最終戦まで全勝を挙げていきたいと思います。

       

      一橋大学体育会應援部3年 石村咲子
      | バスケットボール部 | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      バスケットボール部 関東大学バスケットボール選手権大会一回戦 対城西国際大学
      0

         4月26日、帝京平成大学池袋キャンパスにて関東大学バスケットボール選手権大会の一回戦が行われました。負ければ終わりのトーナメント、何としても初戦を突破したいところ。相手は城西国際大学です。この試合でレッドペンギンズは試合開始直後から試合終了時まで猛攻を続け圧倒的大差で二回戦進出を決めることになります。

         第1ピリオド開始直後からレッドペンギンズの連続得点が決まり試合の流れは大きくレッドペンギンズに引き寄せられます。風間の16得点を筆頭に西尾さん、田村、寺沢、長濱らスターター全員が得点を決め、早くも相手を大きく引き離します。第1ピリオドを終えてスコアは35−8です。

         第2ピリオドでは二年生たちが活躍を見せます。豊富な運動量で斎藤、西東らが相手の反撃を受けてもすかさずリバウンドをものにしてシュートにつなげます。また柿崎さんのシュートも光り相手との点差は一層開いていきます。第2ピリオドを終えスコアは54−15となり後半につなげます。

         迎えた後半戦ここで相手も連続得点で激しく追いすがってきます。流れが相手に傾きかけた中、流れを引き戻したのはやはり頼りになる四年生の方々でした。大石さんのスリーポイントシュートが幾度も決まり、守屋さんも相手を突き放す連続得点を決めます。この流れに田村、寺沢、長濱、中村らも続き95−30で第3ピリオドを終えます。

         そして勝ちをより確実にしたい最終ピリオドです。圧倒的大差を持つレッドペンギンズですがまだまだ猛攻は終わりません。中村のフリースローや守屋さんのガッツあるプレーで終始、相手を圧倒し試合終了となります。

         この試合は最終スコア116−42でレッドペンギンズの勝利となりました。次戦は対群馬大学戦が5月2日に行われます。
                                                                                                          一橋大学体育会應援部三年生 藤田 大希
         
        | バスケットボール部 | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        バスケットボール部 秋季上位リーグ 対帝京大学
        0
           9月23日、バスケットボール部秋季上位リーグ対帝京大学戦が流通経済大学竜ヶ崎キャンパスにて行われました。昨日の試合に引き続き勝利し、上位リーグでの連勝の流れを作っていきたいところです。
           
           第1Q、一橋は序盤から攻めの体制を作り、4年生村松さんのシュートが決まると、勢いに乗って相手を圧倒していきます。1年生岩瀬が相手シュートのリバウンドを素早く奪い、自分たちの攻撃を仕掛けていくなど活躍を見せます。2年生寺沢も攻守において好プレーを見せ、第1Qを13-11で折り返します。
           
           第2Q、1年生西東が出場し、一橋は再び攻撃の流れを作っていこうとします。ゴール付近からの3年生西村の確実なシュートなどで点数を重ねますが、相手も果敢に攻めてきます。連続してペナルティスローを決められると、後半、やや相手に押され気味になり、終了間際に2年生田村が放ったシュートが決まるものの、33-30で第2Qを終えます。
           
           第3Q、立ち上がりから相手にペースを持って行かれてしまいます。一橋は攻撃を仕掛けますがなかなかシュートが決まらず、逆に相手に攻め込まれてしまいます。パスを回してシュートの機会を作りますが、相手も攻撃をゆるめません。再びペナルティスローを与えてしまい、点差を広げられてしまいます。
           
           第4Q、逆転し勝利につなげるためにも気持ちを入れ替えてのぞみます。2年生長濱も出場し、序盤、一橋は流れを引き寄せて盛り返します。4年生水本さんや2年生田村を中心にパスを回し、一橋の連続得点の場面もありましたが、相手の確実なシュートにより、なかなか点差を縮められません。後半、相手のシュートが連続して決まり、最終スコア53-72で一橋は敗北しました。
           
           この試合、序盤で一橋が良い流れを作っていた分、相手にペースを持っていかれ、結果的に敗北という結果になってしまい、不甲斐ないとともに悔しいです。しかし、1年生岩瀬が試合中終始主要メンバーとして活躍するなど、一橋大学バスケットボール部の若い力を感じました。
           残る試合、全て勝利できるよう後押ししていきたいと思います。

          一橋大学体育会應援部三年 山内史織


           
          | バスケットボール部 | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          バスケットボール部 秋季リーグ第5戦 対西武文理大学
          0

            9月20日、成蹊大学吉祥寺キャンパスにて、バスケットボール部の秋季リーグ第5戦、対西武文理大学戦が行われました。

            この試合は一次リーグの最終戦ということで、現在秋季リーグ2勝2敗ということもあって、何としてでも勝ち星をおさめておきたい一戦でした。

             

            試合開始の合図とともにジャンプボールが上げられ、第1Qが始まります。

            第1Q序盤は相手のミドルシュートやスリーポイントシュートが決まります。

            一橋も何とか最初の得点を取ろうとしますが、相手のディフェンスは堅く、簡単には中に入ることができません。

            気が付くと点差は15点以上になっていました。

            苦しい状況が続くなかで第1Qも終わりに近づいていきますが、第1Qの終盤にかけてなんとか得点を奪い、スコア10‐21で第1Qを終えます。

             

            続く第2Qは両チーム果敢に点を奪いにいきます。

            ディフェンスでは2年生の田村による粘り強い守備が目立ちます。

            相手のドリブルを簡単には通しません。

            さらに、4年生の水本さんの投入により、一橋のオフェンスに鋭さが増します。

            ドリブルで相手ディフェンスを切り崩し、果敢にゴールを狙います。

            しかし、一橋のゴールが決まるのと同時に、相手のミドルシュートもよく決まります。

            かなり踏ん張った第2Qでしたが、スコアは31‐52とまたもや点差を広げられてしまいます。

             

            第2Qまでの流れを変えて、逆転を狙いたい第3Q

            決して逆転不可能な点差ではありません。

            我々も声を張り上げて、必死で選手を後押ししようと試みます。

            しかし、そんな思いとは裏腹に序盤は相手のシュートがよく決まります。

            また、突破力のあるガードにディフェンスを崩され、さらにはリバウンドが思うようにとれず、なかなか一橋の流れに持っていくことができません。

            このままではずるずると離されてしまう、そう考えると焦りが募り始めます。

            そんな時、2年生風間がゴール下で魅せます。

            力強いポストプレーで相手ディフェンスを蹴散らし、次々とゴールを決めます。

            一橋応援席もベンチにいる選手も大きく立ち上がります。

            そんな風間のプレーで一橋に流れを引き戻したところで第3Qは終了します。

            前半に奪われた分が大きかったため、スコアは41‐75と点差は広がってしまいました。
            しかし、第4Q
            には期待が高まります。

             

            流れをそのままにどんどん勢いに乗っていきたい第4Q

            序盤から2年生風間は勢いに乗っていきます。

            ゴール下において圧倒的な存在感を見せます。

            相手も負けじと得点を取り返し、一進一退の攻防といった様相でした。

            第4Q後半には3年生を投入して点差を縮めようと試みましたが、ここで試合終了のホイッスル。

            最終スコアは56‐91で一橋大学の敗北です。

             

            応援に来ているのに勝たせられない、というのはやっぱり悔しいです。

            試合が終わった日の夜に同期の西村から、情けない姿を見せて申し訳ない、とのメールを受け取りました。

            選手を奮い立たせるために応援に来ているのに、かえってこのような気持ちを抱かせてしまうのは、やはり申し訳ないです。

            自分達の応援がしっかりと選手の力になれるように、そして今回感じた気持ちを決して忘れずに、前を向いて頑張っていきたいと思います。

             

            一橋大学体育会應援部3年 村山諒
            | バスケットボール部 | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            バスケットボール部 秋季上位リーグ 対明星大学
            0
              9月23日、バスケットボール部秋季上位リーグ、対明星大学戦が横浜市立大学金沢八景キャンパスにて行われました。明星大学は1次リーグにて全勝している勢いのあるチームで、流れをいかにしてこちら側に引き寄せていけるかが鍵となる一戦となりました。

              立ち上がり、一橋は4年生の水本さんを中心にスピード感のある攻撃で相手の守備陣を破りにかかります。しかしながら相手もさすがは勢いに乗っているチームというところで、特にゴール下などはなかなか打たせてもらえず苦しい展開となりました。一方のディフェンスはよく足が動いており、カバーもしっかり入れていて相手へプレッシャーをかける気迫の守りで一橋もそう簡単にゴールを明け渡しません。相手は得点の決定率が高くスピードで抜いてくるというプレーが多くみられ、第1ピリオドから得点としては相手を追う形となりましたが、 3年生西村のディフェンスリバウンドから始まる攻撃はテンポもよく、相手の流れを断ち切る勢いがありました。

              試合展開が思わしくないとき、流れを変えていこうという場面で目立ったのが1・2年生の活躍です。2年生風間は相手のゴールが決まって一度コート内に隙が生まれるのを見逃さずスピード感をもって1点を返し、1年生西東も相手守備をかき回すプレーであちらに行きかけていた流れを再びこちらに引き寄せるナイスプレーを何度も見せてくれ、視野の広いプレーで多様な攻め方を見せてくれたのがとても印象的でした。

              試合は最終的に、相手の得点力にかなわず最終スコア42-106で一橋大学の敗北です。終始相手チームの勢いにのまれがちとなってしまう悔しい結果となってしまいました。しかしながら、私の印象としては、シュートの本数からすれば一橋も負けておらず、一橋の勢いはものすごいものであったと思います。3年生西村は、試合の後「応援部と喜びを分かち合いたい、次は勝つ」と連絡をくれました。私たちはその思いに応えるために、応援により流れを引き寄せて選手を後押しできるよう精進していかなくてはと改めて強く感じさせる一戦となりました。

              一橋大学体育会應援部3年 石井瑞代
              | バスケットボール部 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              バスケットボール部 2次ステージ初戦 対学習院大学
              0
                 9月28日、一橋大学バスケットボール部Red Penguinsの試合が帝京大学にて行われました。2次ステージの初戦ということで、今後の流れをつくる大事な一戦です。人数は4人と少なかったですが、気合を入れて臨みました。
                スターティングメンバーはリバウンドランキングにも名前を連ねる2年生西村や、高身長を生かした安定的なシュートを見せてくれる1年生風間など、若い勢力でのスタートとなりました。
                第1ピリオド、相手の正確なシュートによって序盤から突き放されてしまいます。第2ピリオドに入り、流れがつかめてきたのか一橋、リバウンドに定評のある西村のシュートや、4年生萩原さんの安定したシュートで次々と得点を重ねていきます。ディフェンスでは、3年生村松や1年生田村がしっかりと相手をマークし、攻撃する隙を与えません。第1ピリオドの13点のビハインドから34対36の2点差まで詰め寄ります。流れをそのままに、ここで勝って勢いをつけたい一橋でしたが、第3第4ピリオドでは、オフェンス権を得ても、バイオレーションにより、ボールの所有権を奪われてしまい、なかなかシュートを打つことができません。またその焦りからか、後半に入り、1年生のシュートのミスが目立つようになってきました。しかし、ここで見せてくれるのが4年生萩原さんです。フリースローも落ち着いて決めてくれ、ここでも安定的なシュートは健在でした。しかし、流れを引き寄せることができず試合終了、67対90で一橋大学の敗北です。
                今回は23点差をつけられての敗北でしたが、第4ピリオドで再び巻き返してくるなど、最後まで諦めない強い姿勢で試合に臨む選手の姿を見ることができました。残り試合数は少ないですが、4年生の皆さんが笑って引退出来るよう、そして、1年生がこれからのペンギンズをしっかり支えていけるように後押しできる応援をしていきたいと思います。

                一橋大学体育会應援部3年 宮千咲
                | バスケットボール部 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                バスケットボール部 上位リーグ第2戦 対国際武道大学
                0
                   肌寒くなりすっかり秋模様の9月23日、東京大学駒場キャンパス内体育館にて一橋大学バスケットボール部レッドペンギンズの上位リーグ第2戦が行われました。対国際武道大学です。上位リーグということもあり、厳しい試合が予想されますが、しっかり応援で後押ししていきたいところです。

                  スターティングメンバーは4年生萩原さん、3年生村松、2年生西村、1年生田村、内藤といった下級生中心のフレッシュなメンバーです。

                  第1、第2ピリオド。試合開始直後から、まず先に勢いをつかみたい一橋大学ですが、相手の猛攻に合います。得点を重ねたい一橋大学ですが、ゴール下、相手の守備に阻まれなかなか得点を重ねることができません。しかし、何とか相手に食らいついていきたい一橋大学は1年生風間、寺沢、長濱といったフレッシュなメンバーを続々と投入します。相手が連続得点を決めていく中でも、1年生が粘り強く相手をマークし、ボールを奪っていきます。ゴール下では西村が体格を生かしたディフェンスをみせます。4年生萩原さん、3年生村松、1年生田村、風間が得点を決めていきます。しかし、相手と差を詰めることができず相手にリードを許したまま、前半を終えます。

                  流れを変えたい第3、第4ピリオド。ここで流れをつかんでいきたい一橋大学は前半同様、1年生の活躍が光ります。途中出場の1年生寺沢、風間が得点を決め、またここまで唯一のフル出場である1年生田村も疲れを感じさせない献身的なディフェンスをみせ、得点にも絡んできます。良いリズムで得点を重ねると、相手も3ポイントシュートを決め一橋大学の追随を許しません。一橋大学も最後まで、粘り強く試合を進めますが及ばず、最終スコア68-93で一橋大学の敗北です。

                  負けてはしまいましたが、この試合ではスターティングメンバーの半数以上が下級生であったり、また1年生の多くが途中出場を果たして活躍をみせるなど下級生の勢いを感じることができました。下級生、特に1年生の活躍には目をみはるものがあり、今後のさらなる成長と活躍が非常に楽しみです。上位リーグということもあり、厳しい試合が続きますが、少しでもバスケットボール部の勝利に貢献できるよう私たちも頑張っていきたいです。

                  一橋大学体育会應援部3年 藤井愛子
                  | バスケットボール部 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  バスケットボール部 秋季リーグ戦第4戦 対茨城大学
                  0
                     9月8日、流通経済大学にて秋季リーグ戦第4戦が行われました。勝てば上位リーグ進出が決定となる大事な一戦です。

                    第一ピリオド、開始1分頃に1年生内藤がジャンプシュートを決めて得点。幸先の良いスタートを切ります。その後も強気の攻めで1年生田村、4年生萩原さんが順調に得点を重ねます。しかしながら一橋側のファールにより流れが崩れたところに攻め込まれ、15−16と1点のリードを許します。ここで4年生永澤さんが3ポイントシュートを決めるも再び相手側に得点され、第一ピリオドは20−21で終了です。
                    第二ピリオド、序盤から相手が積極的に攻撃を仕掛けてきます。点差も22−31と広げられ、何とか得点をしたい一橋。2年生西村を中心にオフェンス陣が奮起し、連続得点を重ね32−36とその差を縮めます。一方で相手も負けじと得点を重ね、一進一退の状況が続き第二ピリオドは36−42で終了です。
                    第三ピリオド、逆転も十分可能な点数差であり勢いに乗りたいところ。オフェンスの流れが良くなり一橋は連続得点を重ね、ついに47−46と逆転。両者とも一歩も譲らず、激しい点の取り合いが続きます。第三ピリオドは56−56の同点で終了です。
                    第四ピリオド、開始直後から3ポイントシュートを決められ、あっという間に5点を奪われます。相手側がジャンプシュートで得点を重ねる一方、一橋も2年生西村や1年生田村の活躍により着実に点差を縮めます。しかしながらフリースローなどを決められ徐々に点差が開き、80−93で第四ピリオドが終了し、茨城大学の勝利となりました。

                    結果は残念でしたが、各学年の選手が活躍しているバランスの良いチームであり、個人の長所が生かされていた試合でした。特に2年生の西村はその長身を生かし、素晴らしい活躍を見せていました。次の上智大学戦の後も、二次リーグ戦と長い戦いが続きますが、力になれる応援が出来たらと思います。

                    一橋大学体育会應援部3年 坪内優美

                    | バスケットボール部 | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    バスケットボール部 秋季リーグ第2戦 対武蔵大学
                    0
                      9月1日、まだ夏の暑さが残る中、千葉大学西千葉キャンパスにてバスケットボール部の秋リーグ第2戦対武蔵大学戦の応援に行きました。昨日の開幕戦で負けてしまった我らがレッドペンギンズですが、上位リーグ進出のためにも今日は絶対に負けられない試合です。

                      スターティングメンバーは開幕戦と変わらず、4年生の萩原さん、3年生の村松、2年生の西村、1年生の内藤、田村です。


                      第1Q、第2Qでは終始一橋大学がリードする展開。2年生の西村が持ち前の高さを生かしたディフェンスを繰り広げ、途中からコートに入った1年生風間、3年生水本も良い動きをみせ、着実にリードを広げていきます。第2Q終了時点で33-21と、その差を12点にまで広げて後半を迎えます。

                      第3Q、第4Qでは、武蔵大学の追い上げを受ける一橋大学にとって厳しい展開となります。一時は、12点あったリードも3点差まで詰められる展開となります。このまま逆転されてしまうのかという場面で、4年生萩原さんのスリーポイントが決まります。試合中、苦しい場面で4年生の方のプレーが光り、
                      最終的に70-65で一橋大学レッドペンギンズの勝利となりました。

                      この試合では、スターティングメンバーに2人1年生が名前を連ね、また途中出場の1年生が活躍をみせるなど下級生のフレッシュな勢いを感じることができました。それでいて、ここぞという場面では4年生の方がきっちり点を決めてくれ、非常に雰囲気が良いように思いました。この勢いそのままに、レッドペンギンズならば上位リーグ進出を決めてくれるに違いないと思うことのできる試合でした。

                      一橋大学体育会應援部3年 藤井愛子
                      | バスケットボール部 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |