RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

応援記録

ハンドボール部 秋季リーグ第5戦 対國學院大学戦
0

    9月19日、ハンドボール部秋季リーグ第5戦、対國學院大学戦が玉川大学体育館にて行われました。


    ここまで4連敗を喫しているハンドボール部にとって、この試合は今後の進展を左右する大変重要な試合です。5部残留のためにも決して負けることは許されません。

     

    前半戦は互いに取って取られての攻防が続きます。互いに隙を与えれば一気に得点されてしまうという状況ですが、攻撃は最大の防御、一橋は攻めの姿勢を崩しません。相手のファールにより得られた7mスローのチャンスも3年吉原がをきっちりとものにします。しかし相手も決して一筋縄ではいかず、ディフェンスの合間を縫った的確なシュートで得点を奪いにきます。それでも1年石原の積極的なオフェンスやキーパー1年富高の俊敏なセーブにより、前半終了時点で17-16と一橋が1歩リードした状況で後半を迎えます。

     

    このまま突き放していきたい後半戦ですが、お互い1歩も引かず。前半に引き続きシーソーゲームの様相を呈します。中盤、1年横田がファールにより退場し1人少ない状態となりますが、6人の息のあったディフェンスで横田が復帰するまでの2分間、相手に攻め込む隙を与えません。

    試合が動いたのは試合時間残り10分を切ってからでした。相手のパスミスの隙をつきボールを奪った1年田口。華麗なロングパスから流れるようにして3年橋本が左サイドからの鋭いシュートを決めます。

    そして試合時間残り5分、横田のシュートが決まり一橋は3点リードの状態。相手も得点のチャンスを伺いますが、3年松原の体を張ったホールディングが相手のシュートを許しません。隙を見て放たれたシュートも富高の前には無力です。

    ラスト5分間で見せた、選手の恐るべき勝利への執念。「今日の一橋は何かが違う」、誰もがそう感じたことでしょう。

     

    高らかに響くホイッスル。勝利の喜びに満ち溢れた表情の選手たち。
    31-29、一橋の勝利です。

     

    「我々の応援は本当に選手に届いているのか」、応援をしていると必ずぶつかる疑問です。しかし今回の試合では、確かに選手に声が「届いている」という実感を持つことができました。自分の応援部人生ので中で決して忘れることのできない1戦となりました。

     

    やっとの思いで掴み取った1勝。しかしながら、まだ油断をすることはできません。
    残りの2試合も絶対に勝利し、必ず5部残留を成し遂げます。

     

    一橋大学体育会應援部3年 乾秀斗

    | ハンドボール部 | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ハンドボール部 5部6部入替戦 対芝浦工業大学戦
    0
      5月28日、ハンドボール部の5部6部入替戦対芝浦工業大学戦が日本体育大学健志台キャンパスにて行われました。
      5部残留のため、そして4年生の方々の引退試合を勝利で飾るためにも絶対に負けられない試合です。

      前半開始早々一橋が勢いに乗り、4年生の越智さんが幸先よく先制点を決めます。
      しかし相手も確実にシュートを決めていき、一時は1対5まで一橋を突き放します。
      その後は両チームともに得点圏内までパスをつなげるものの互いに堅い守りを見せ、前半戦を9対9の同点で折り返します。

      後半戦も前半と同様に拮抗した試合展開が続きます。
      なんとかリードしたい一橋は、4年生の工藤さんや3年生の吉原を中心に相手を寄せ付けないパス回しが繰り広げられ、着実に得点を重ねていきます。
      一方の相手も負けてはおらず、ディフェンスからオフェンスへの素早い切り替えを武器にして一橋を追いつめてきます。
      4年生の日熊さんの高いジャンプからのシュートをはじめ、3年生の橋本がパスカットからそのままシュートを決めるなど、次第に試合の主導権を握ります。
      1点ビハインドで迎えた後半残り3分、主将である4年生の工藤さんの力強いシュートが決まり、試合を振り出しに戻します。
      タイムアウトをはさみ互いに譲らない展開が続き、残り5秒で4年生の山本さんが最後の望みをかけてシュートを放ちますが、惜しくもゴールの外。
      前後半を終えて16対16の同点となり、延長戦に突入します。

      延長戦は前後半それぞれ5分という、非常に緊迫した中で試合が繰り広げられます。
      開始直後、相手がシュートを決め、一橋は序盤から追いかける展開となります。
      しかしながら一橋も確実にチャンスをものにしていき、延長戦第1戦では決着がつかなかったため、第2戦に持ち込まれます。
      延長戦第2戦は一橋が勢いに乗り、ディフェンス・オフェンスともに好プレーが続きます。
      後半戦は相手に攻め込まれる展開が続きますが、キーパーである4年生の吉田さんが連続でナイスセーブを見せて会場を大いに沸かせます。
      そして試合終了のブザーが鳴り響き、結果は26対24。
      一橋大学が勝利し、5部残留が決定しました。

      この試合では4年生の方々が全員シュートを決められただけでなく、キーパーの吉田さんも43.9%という驚異のセーブ率をたたき出すなど、まさに引退を飾るにふさわしい試合でした。
      それと同時に、今後を担う3年生の活躍にも期待が高まる試合となりました。

      来季、5部の舞台で戦う新チームの力になることができるよう、私たちも更なる高みを目指して努力していきます。

      一橋大学体育会應援部3年 高田靖子
      | ハンドボール部 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ハンドボール部 春季リーグ第4戦 対埼玉大学戦
      0
        5月5日、ハンドボール部春季リーグ第4戦対埼玉大学戦が獨協大学松原団地キャンパスにて行われました。
        再び良い流れを掴むために必ず勝利したい大事な試合です。

        前半は一橋が先制点を決め、そのまま勢いに乗り相手を突き放します。
        守備においても堅い守りを見せ、キーパーの4年吉田さんも数多くの場面でナイスセーブを決め、一橋の応援席を沸かせます。
        しかしながら相手も次第に勢いに乗り始めて確実に点を重ねていき、一橋に逆転したところで前半終了。
        11対13の2点ビハインドで後半戦を迎えます。

        後半は両者譲らない展開から試合が始まります。
        攻撃では鋭いパス回しから4年倉見さんや3年吉岡らを中心にシュートをしっかりと決めていき、攻守の切り替えでも圧倒的なスピードで相手を寄せ付けません。
        後半戦が半分経過したところでついに一橋が主導権を握り、逆転に成功します。
        一方の相手も次々と得点を決めていき、互いに激しい攻防を見せます。
        途中から1年の冨癲松儀が出場し、積極的に攻めていきます。
        しかし、試合時間が残り5分を切ろうとした頃、相手が最後の粘りを見せ始めます。
        一橋が2点リードしていたところから速攻をしっかり決めていき、互いに譲らない展開となります。
        一橋も果敢にシュートを放ちますが相手の好セーブに阻まれ、勢いに乗り出した相手に逆転のシュートを許してしまいます。
        試合時間が残り1分を切ったところから力強いシュートが放たれましたが、惜しくも得点にはつながらずそのまま試合終了。
        最終スコア24対25で一橋大学の敗北です。

        前回の試合に引き続き、試合終了間際で相手に逆転を許してしまうという、非常に悔しい結果となりました。
        「応援で悪い流れを断ち切り良い流れを作る」という私たち応援部がしなければならないことを全うするにはまだまだ実力不足であると強く感じました。
        厳しい戦いが続きますが、昇格への望みをつなげるために、ハンドボール部の皆さんと一緒に私たちも最後まで全力で戦っていきます。

        一橋大学体育会應援部3年 高田靖子
        | ハンドボール部 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ハンドボール部 春季リーグ第2戦 対学習院大学戦
        0
          4月24日、ハンドボール部春季リーグ第2戦対学習院大学戦が獨協大学松原団地キャンパスにて行われました。4月17日に行われた春季リーグ初戦である対千葉大学戦で見事31-23の勝利を収めており、今回の試合でもその勢いのまま連勝を掴みたいところです。

          前半30分間は両者譲らぬ拮抗した展開が続きます。先制点は許したものの、主将である工藤さんや日熊さんをはじめとした4年生の方々の活躍、また3年生の力強いプレーにより追いつき追い越せといったシーソーゲームとなりました。キーパーである吉田さんのナイスセーブから一橋のディフェンスをテンポよく終え、すぐにオフェンスに切り替えて山本さんが得点を決めるシーンもあり、一橋に勢いが乗って来た時点で前半は終了しました。前半終了時点では9-11の2点ビハインド。後半で必ず逆転し、勝利に繋げていきたいところです。

          後半が開始すると、一橋は前半からの勢いのまま猛攻を見せます。相手を寄せ付けない全員でのパス回し、吉岡、吉原の粘り強いシュートが功を奏しついに逆転を果たすことが出来ました。この後は再び一進一退の攻防が繰り広げられ、上級生の4年生の方々や3年が安定感があると同時にダイナミックなプレーを見せる一方、相手のオフェンスをなかなか断ち切ることが出来ず2点以上の得点差をつけることができません。互いにまだまだ勝利のチャンスは残されている、そんな状況で迎えた後半残りラスト5分。ここから一気に試合が動きます。一橋のオフェンスで惜しいシュートが続く中、学習院大学は着実に得点を重ね、得点差が広がってしまいました。一橋も何度か得点を決めたものの、最後まで追いつくことはできず最終スコア24-30で敗戦となりました。

          後半ラスト5分までは一橋がリードする場面もあり、最後までこの勢いのまま勝利につなげていける、そんな試合でした。しかし、応援においては、自らの応援で流れを作り出そうとしてもその思いを自ら体現しきることが出来ず、試合展開自体にひきずられてしまったように思えます。
          必ず4部の舞台に返り咲くためには、ここから連勝するのみです。
          渉内の勝利を必ず導く応援をすることが出来るよう、自分を再度見つめ直し努力を重ねて参りたいと思います。
          必ずここから盛り返し、全戦全勝で昇格を摑み取ります。


          一橋大学体育会應援部3年 染谷桃子
           
          | ハンドボール部 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ハンドボール部 4部5部入替戦 対拓殖大学戦
          0
            10月10日、ハンドボール部の4部5部入替戦対拓殖大学戦が日本体育大学健志台キャンパスにて行われました。
            5部残留をかけた試合であると共に、4年生の秋まで残られた加藤さん・西村さんの引退試合でもあり、絶対に負けられない試合です。

            前半開始早々、先制点を奪ったのは一橋。4年生加藤さんのロングシュートです。2年生の頃からずっと活躍されてきた加藤さんが幸先良く先制点を取ったことで、一橋側のベンチは大いに盛り上がりました。そして、その後も4年生西村さん、3年倉見をはじめとして、一橋は着実に点を重ねます。ですが、相手も負けてはいません。中盤からは一橋にとって苦しい展開となります。3年吉田が見事相手のシュートを止める場面も見られたものの、立て続けに相手に得点されてしまいます。なかなかこの流れを断ち切ることができず、9-16で前半が終了します。

            切り換えて逆転を狙いたい後半。
            4年生加藤さん、3年工藤などが果敢にシュートを放つ場面が印象的でした。しかし惜しくも決まらず、また相手の攻撃に、ということが何度も繰り返されます。この良くない流れを断ち切るためか、若いメンバーが投入されます。それが、2年吉岡、2年吉原、1年溝口、1年飯塚です。なかでも、2年吉岡、2年吉原はシュートを決めるなど活躍を見せ、存在感を放っていました。また、相手に攻められる場面が続く中、キーパーの1年飯塚が見事なセーブを見せ、その度に一橋側のベンチは湧きました。どの選手も健闘を見せてくれましたが、結局追いつくことはできず、18-33で試合終了となります。この結果、一橋の5部降格が決定しました。

            春で多くの4年生が引退し、しかも新体制という不安の中、ハンドボール部の方々に届くような応援ができなかったことが、5部降格という結果につながってしまったのだと思います。また、拓殖大学は春の入替戦で接戦の末勝利した相手であったにも関わらず、今回の入替戦では大差をつけて負けてしまい、残念であると共に、本当に申し訳なく思います。今回の結果を受け、私たちの応援の存在意義をもう一度見つめ直さなければならないと感じました。

            一橋大学体育会應援部3年 緒方南実
            | ハンドボール部 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ハンドボール部 4部5部入れ替え戦 対拓殖大学戦
            0
              5月23日、ハンドボール部の4部5部入れ替え戦対拓殖大学戦が日本体育大学健志大キャンパスにて行われました。

              4部復帰のために駆け抜けてきたハンドボール部の今シーズンを、昇格という最高の形で締めくくるために何としても負けられない一戦です。



              前半開始1分、一橋大学は3年生倉見のシュートが決まり幸先よく先制します。

              しかし相手も確実に得点圏内に運びシュートを決め、試合は拮抗した展開になっていきます。

              一橋大学は4年生加藤さん、角谷さん、柳原さんを中心に着実に得点を重ねていきます。また守備では4年生西村さんや3年生倉見が相手の攻撃を封じる場面が見られ、5部リーグ最少失点を誇る守備力を見せつけます。

              前半半ばでは一時相手に流れを持っていかれる場面もありましたが、前半終盤では再び勢いを盛り返し2点リードで前半を終えます。



              迎えた後半、開始早々相手の怒涛の攻撃にあい一気に逆転を許します。流れを引き戻したい一橋大学は3年生山本を投入。するといきなり山本がサイドからの鋭いシュートを決めるとその勢いのまま3連続得点を決め、一気に勢いづきます。

              その後は両者譲らず前半同様シーソーゲームの様相を呈します。

              攻撃ではより一層気迫の増したプレーが見られ、途中出場の3年生工藤も力強いプレーで得点を決めていきます。倉見が相手のパスをカットしそのままゴールへ走り抜けてシュートを決めた場面も印象的でした。また、守備では4年生都築さんが相手のペナルティスローを止めるなど活躍を見せ、その後も好セーブを連発して何度も一橋を救います。

              後半終了10分前の時点ではリードを許していましたがその後同点に追いつくと、後半終了2分前に角谷さんのシュートが決まりついに1点をリードします。誰もが勝利を祈る中、最後まで全員が集中力を切らさず逃げ切り、試合終了。28−27で一橋大学の勝利、4部昇格が決定しました。



              引退される4年生の方々の迫力あるプレーには圧倒された一方で、これから部を引っ張っていく3年生の活躍も目を見張るものがあり、とても頼もしく感じました。4年生の加藤さん、西村さんは秋季リーグにも出場されるということで、来季の4部での躍進が非常に楽しみです。

              4部の舞台で戦うハンドボール部の力になることができるよう、我々もより一層努力を重ねていきたいと思います。



              一橋大学体育会應援部3年 荒井菜摘
              | ハンドボール部 | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ハンドボール部 春季リーグ第五戦 対獨協大学戦
              0
                五月五日、ハンドボール部春季リーグ戦第五戦が東京経済大学国分寺キャンパスにて行われました。今回の相手は、初戦から三戦連続で勝利を重ね、勢いに乗っていた獨協大学です。

                前半開始一分半、獨協大学に初点を決められてしまいます。しかし、その二分後に四年・柳原さんのアシストから三年・倉見が見事速攻を決めて同点に戻します。

                その後は、相手と数点差をキープしながらシーソーゲームが続きます。四年・角谷さん、柳原さん、仲谷さんを筆頭に得点を稼ぐものの、相手も素早いステップを生かして中央から中に切り込み、必死に食らいつきます。
                そして前半の残り十五分を境に、だんだんと相手のリズムに飲み込まれてしまい、逆転された状態で前半が終了しました。

                後半に入り、四年・加藤さんや交代出場した三年・工藤の積極的攻撃による得点があったものの、依然後半の前半十五分はリードを許したままでした。しかし、サイドへのパスからの三年・倉見の0度シュートなどがうまく機能するようになり、中に切り込ませないタイトな守備も相まって、ついに残り十分で逆転に成功します。
                三年・工藤の難しい体勢からの速攻のシュートでさらに一点を加え、流れに乗った一橋大学は、その勢いを途絶えさせることなくさらに得点を重ねていきます。
                最後の五分、相手のラストの振り絞られた気力によって若干差を詰められたものの、最終的に32-30で一橋大学が勝利しました。

                三年・山本のシュート成功率が100パーセント、三年・倉見が今試合最高の六点を決めるなど、三年生の活躍が見られた一方、四年・角谷さん、加藤さんのダイナミックな攻撃や、四年・柳原さん、西村さんの堅実な守備からの素早い攻撃といった、主力となった四年生の力強さを再確認する試合となりました。
                これによって四連勝が決まり、ますます勢いに乗るハンドボール部、次戦は一週間後、対千葉大学戦です。


                追記
                五月十日の対千葉大学戦で30-30の同点だったため、リーグ二位となり、入れ替え戦進出が決定しました。


                一橋大学体育会應援部三年 山本将史
                 
                | ハンドボール部 | 23:26 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
                ハンドボール部 春季リーグ第三戦 対東京工業大学戦
                0
                  4月26日、ハンドボール部春季リーグ第三戦、対東京工業大学戦が東京経済大学国分寺キャンパスにて行われました。
                  一橋は現時点で一勝一敗なので、ここで連勝して勢いをつけたいところです。

                  一橋は前半から攻めの姿勢を見せます。
                  開始5分。4年生柳原さんのシュートが決まり、一橋が先制します。4年生の加藤さん、仲谷さん、角谷さんもゴールを狙います。前半14分で出場した3年生工藤も積極的にゴールを狙い、得点を決めていました。また、守備においては何度か危うい場面はありましたが、相手のミスがあったり、4年生都築さんのスーパーセーブ、4年生西村さん、3年生倉見が相手の攻撃を封じ込めるなど、前半は一橋の優勢が続きました。その一方で得点差を広げることはできず、前半は13-11で終えました。

                  2点リードで始まった後半では、一橋が勢いに乗ってきます。
                  様々な選手が積極的にゴールを狙って得点を重ね、相手を突き放していきます。後半4分で出場した3年生山本も安定したプレーで活躍が目立っていました。このまま突き放して試合が終了するのかと思いましたが、相手も諦めるわけはなく、粘りを見せてきます。後半も残り半分になると何度か連続で得点される場面もあり、後半28分でキーパーが3年生吉田に交代になりました。後半ラスト3分でも相手は果敢に攻め、一橋との差を縮めていきましたが、負けじと一橋も得点を返し、最終的に29-26で一橋が勝利しました。

                  一昨年から活躍されている4年生の方の安定感はもちろん、私の同期である3年生の活躍も光っていました。
                  この勢いで勝ち点を重ね、4部に復帰できるよう、私たちも応援で後押ししていきたいです。

                  一橋大学体育会應援部三年 緒方南実
                  | ハンドボール部 | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  ハンドボール部 秋季リーグ第五戦 対横浜国立大学戦
                  0
                    10月5日、ハンドボール部秋季リーグ第五戦、対横浜国立大学戦が茨城大学水戸キャンパスにて行われました。
                    台風接近で大雨の降り、気温も低い中、体育館には選手たちの熱気がこもっていました。
                    連敗が続く一橋大学ハンドボール部としては、ここで一勝をあげたいところです。

                    この日はレギュラー3人が怪我などの諸事情で不在ということもあり、スターティングメンバーは3年生加藤、角谷、西村、2年生山本、倉見、1年生吉原に、キーパーが2年生の吉田と、比較的若い選手で構成されていました。
                    前半から一橋大学と横浜国立大学は激しい攻防を見せます。
                    去年から活躍している加藤、角谷に加え、山本、倉見も果敢にゴールを狙います。
                    最初に得点したのは一橋大学。
                    しかし、横浜国立大学もすぐに点を返し、追いつきます。
                    ディフェンスでは3年生加藤が積極的に動きますが、その勢いは圧倒的なものがありました。
                    加藤が警告をうけ、一時退場すると、代わりに出場したのは1年生橋本。
                    全員でパスをつなぎますが、なかなか得点を重ねることができず、前半は18-10と横浜国立大学に突き放される形で終了しました。

                    後半では一橋大学が勢いを盛り返します。
                    角谷の鋭いシュートや倉見の速攻、山本の左サイドからのシュートが光り、得点を重ねていくと、
                    西村や、吉原と交代で出場する2年生越智が粘り強いディフェンスを見せ、
                    キーパーの吉田も相手のシュートをしっかりとセーブする場面が見られました。
                    一時は5点差まで縮めることができたものの、横浜国立大学も与えられたフリースローを着実に決めるなどし、追いつくことができません。
                    途中で橋本や3年生佐々木を投入し、流れを変えようとするも、試合終了。
                    後半は15-14と拮抗しましたが、最終スコアは32-25で一橋大学の敗北です。

                    正直なところ、試合中はひたすら自分の無力さを痛感するばかりでした。
                    選手たちの迫力に飲み込まれそうになり、試合の流れを引き寄せられるようになるためには、真に選手たちの力になるためには、自分にはまだまだ足りないものがあると気付かされました。
                    ハンドボール部は同じ3年生が先頭に立って率いている部活です。
                    誰よりも必死に、誰よりも熱い想いを持って、次に応援に行くときには必ず勝たせたいと思います。

                    一橋大学体育会應援部3年 見付愛美
                    | ハンドボール部 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ハンドボール部 秋季リーグ開幕戦 対拓殖大学戦
                    0
                      9月13日、ハンドボール部秋季リーグ第一戦対拓殖大学戦が茨城大学の水戸キャンパスで行われました。秋季リーグの幕開けであり、四年生が引退してから初めての公式戦ということもあり、必ず勝って勢いに乗らせたい、そんな気持ちで試合に臨みました。
                      前半が始まると、一橋は序盤から得点を重ねて、拓殖を突き放します。
                      攻撃では3年角谷や2年倉見の活躍が目立ち、強烈なシュートが相手ゴールを揺らします。
                      順調に得点を重ねて点差を広げる一橋でしたが、相手も負けてはいませんでした。
                      前半の終わりにかけて拓殖のオフェンスが盛り返していきます。
                      相手が勢いに乗っていく中で、何としてでもその流れを食い止めようと応援にも熱が入ります。
                      一時は逆転されることもありましたが、何とか踏ん張って12-12で前半を終えます。
                      前半の劣勢から一転、後半は序盤から一橋が流れを作ります。
                      守備では3年西村、2年山本の粘り強いディフェンスが相手の攻撃を見事に挫きます。
                      また、前半からフルで出場していたキーパー、3年都筑がスーパーセーブを連発し、一橋応援席を幾度となく沸かせます。
                      序盤から頼もしい姿を見せてくれた一橋。
                      流れを引き戻せない拓殖は連続タイムアウトをとります。
                      しかし、後半も中盤に差し掛かった頃、流れが変わり始めます。
                      一橋の攻撃がなかなか繋がらず、得点までたどり着けません。
                      そんな苦悩をよそに、相手チームの攻撃が流れに乗り、次々と得点を決めます。
                      気がつくと4点ビハインドしていた一橋は、タイムアウトをとって流れを変えようと試みますが、中々点差は縮まりません。
                      結局、スコアは22-26で一橋の敗北です。
                      前半と後半それぞれ非常に良い流れがありました。
                      しかし、肝心の最後で相手に流れを作られ、ずるずると点差をつけられてしまい、応援で後押しすることができなかったのが悔やまれます。
                      劣勢のときにこそ選手の力になれるように更なる努力をして参りたいと思います。
                      一橋大学体育会應援部3年 村山諒
                      | ハンドボール部 | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |