RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

応援記録

硬式野球部 秋季リーグ第1節第2戦 対東京工業大学戦
0

    9月18日、硬式野球部の秋季リーグ第1節第2戦、対東京工業大学戦が一橋大学グラウンドにて行われました。
    前日の第1戦に引き続き、圧倒的な強さを発揮して2連勝して勝ち点を上げたいところです。

    先発投手は4年倉石さんです。
    安定したピッチングを見せ、ゲッツーを確実に決めて1回を無失点で裏の攻撃につなげます。

    続く1回裏、フォアボールをはさみ2アウトに追い込まれてしまいますが、ここから怒涛の猛攻が始まります。

    4年黒崎さん、3年里吉、2年大西の連続ヒットを放ち、一気に2点を先制します。

    その後は互いに出塁するものの、両校ともに得点を許しません。

    試合が動いたのは5回表。

    連続ヒットを許すものの、送りバントと1年大北のホームへの送球による3塁ランナータッチアウトで2アウトに追い込みます。
    しかしながら、相手の4番バッターによるライトオーバーのタイムリーヒットで2点を返されてしまい、試合は振り出しに戻ります。

    すぐに相手を突き放したい5回裏。

    4年黒崎さんがレフトへソロホームランを放ち、再び一橋が優勢に立ちます。

    続く6回。まだまだここから勢いづきたいところです。

    4年倉石さんの好投により三者凡退に抑えると、フォアボールと1年大北のタイムリーヒットにより、更に1点を追加します。

     

    援護を受け、4年倉石さんの隙の無いピッチングにより連続で三者凡退に抑え、確実に相手打線を封じます。

    9回も危なげない試合運びで、最終スコア4ー2で一橋大学が勝利しました。

    この試合での勝利により、秋季リーグ第1節で東京都市大学・東京工業大学の両校から勝ち点を獲得し、4部で首位に立ちました。
    とりわけ対東京工業大学戦では、2日連続で初回の攻撃が勝利への大きな鍵となったのではないかと思います。

    しかしながら、勝負はまだまだこれからも続きます。
    第2節では第1節で惜しくも逃してしまった全勝を果たし、4部優勝・3部昇格に向けて、我々もより一層精進してまいります。

    一橋大学体育会應援部3年 高田靖子

    | 硬式野球部 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    硬式野球部 秋季リーグ開幕戦 対東京都市大学戦
    0

      9月10日、硬式野球部秋季リーグ開幕戦対東京都市大学戦が一橋大学グラウンドにて行われました。4部優勝、3部昇格を果たすため、まずは初戦で一橋の力を見せつけたいところです。

       

      まずは1回、先攻の一橋は1年の大北が四球を選び出塁すると続いて3年川畑がバントを決め、得点圏にランナーを進めます。ここからバッターがクリーンナップへ渡り、畳み掛けたいところでしたが連続でゴロに打ち取られ惜しくも得点はなりません。

       

      最初に試合が動いたのは2回裏。先発ピッチャーの3年前野は四球と味方のエラーが重なりピンチを迎えます。2アウトまで持ち堪えますが、ここでタイムリーヒットを打たれ1点を先制されてしまいます。

       

      まだ1点差、一刻も早く追いつきたい一橋ですが、3回も塁に出ることが出来ません。

      そして3回裏、再び試合が動きます。2ベースヒットを許すと、打者間の捕逸も重なりノーアウト2塁のピンチ。なんとか切り抜けたいところでしたが、相手4番バッターのタイムリーヒットにより1点追加。スコアを0-2とされます。

       

      4回表は3回に続き三者凡退に抑えられ、迎えた4回裏。なんとしても追加点は防ぎたいところです。しかし、センターへのヒット、また暴投により2アウト2塁とされると、ここでレフト方向へのタイムリーヒットを打たれ再び1点追加。0-3とされ、リードを許す展開に。

       

      ここまでノーヒットに抑えられた一橋はついに5回表先発ピッチャーでもある前野がついにチーム初のヒットを放ちます。しかし、その後は相手の好守備も光り得点はなりません。

       

      それ以降は互いに譲らぬ展開、両校ともに得点を許さずゲームセット。

      最終スコアは0-3で一橋大学の敗北です。

       

      今季の開幕戦を勝利で飾ることができず、また得点に繋がりそうな場面もあっただけに非常に悔しい結果となりました。しかし、3年前野は完投した上三振を9個取るといった圧巻のピッチングを見せ、また1年大北が1番バッターとして出塁するといった場面も見られ今後に繋がる一橋の強さも見せた試合だったと思います。

       

      一橋大学は3連戦の末、東京都市大学から見事勝ち点を獲得しました。

      まだまだ硬式野球部の戦いは続きますが、今後は全戦全勝するべくより気を引き締め、どんな状況でも勝利へ導くことができるよう応援していきたいと思います。

       

      一橋大学体育会應援部3年 染谷桃子

       

       

      | 硬式野球部 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      硬式野球部 春季リーグ第3週第2戦 対東京工業大学戦
      0
        5月3日、硬式野球部の春季リーグ第3週第2戦対東京工業大学戦が一橋大学グラウンドにて行われました。
        対東京工業大学戦第1戦では惜しくも負けてしまったため、今回勝って勝ち点獲得に繋げたいところです。

        先発投手は満を持して登場したチームの大黒柱、3年前野。
        初回から安定感あるピッチングを見せ、1回、2回を無失点に抑えます。
        3回表でヒットを許し、盗塁を決められてからタイムリーヒットを浴びて1点を先制されたものの、4回の裏で一橋はしっかりと追いつきます。今回の春季リーグから5番バッターに定着し毎回着実に得点に絡んでいる3年川畑が落ち着いて四球を選ぶと、2年川村のヒットにより1死1・2塁とし、再び2年の加藤がタイムリーヒットを放ち見事1点を決めました。

        4回の裏で得点シーンを見せた一橋は、ここから猛攻を始めます。5回の裏、3番里吉が2ベースヒットを打つと、相手のエラーも絡み、川畑のゴロの間に1点を追加します。相手ピッチャーや守備陣が徐々に崩れて来たところを見逃さず、一橋はその後も畳み掛けるようにヒットを重ねます。瀬川がヒットで1死満塁とした後、代打打土井がセンターへのタイムリーヒットで1点を追加、さらに加藤、品川さんもタイムリーヒットを放ちます。一橋は5回の裏で5点を追加し相手を突き放しました。

        6回の表では四球により出塁を許したこともあり1点を失いましたが、6回の裏では里吉のヒット、川畑のタイムリー2ベースヒットにより再び1点を追加し相手を寄せ付けません。

        7回からは3年岡が継投として登板、7回表と8回表を3者凡退に抑え一橋の流れを加速させます。
        岡が好投を見せると打線もさらに勢いに乗り、7回裏では2年大西、大崎の活躍や4番黒崎さんの長打から3得点を決め、8回裏でも2点を追加、10点差をつけて9回に臨みます。

        9回では、岡に代わり2年田坂が登板し、2年生ながらも堂々としたピッチングでしっかりと3者凡退に抑えました。

        最終スコアは12-2で一橋の勝利です。第1戦で負けた相手に10点差をつけて勝つことができ、一橋の強さを見せつけられた試合になったと思います。また、今回の試合では全員がヒットを放っており、一橋の層の厚さも感じさせられました。
        この勢いのまま4部優勝を果たし、入れ替え戦に進むことができるよう、今一度気を引き締め、硬式野球部の皆さんとともに戦っていきたいと思います。


        一橋大学体育会應援部3年 染谷桃子
        | 硬式野球部 | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        硬式野球部 春季リーグ第1節第2戦 対東京都市大学戦
        0
          4月10日、硬式野球部の春季リーグ第1節第2戦、対東京都市大学戦が一橋大学グラウンドにて行われました。
          前日の開幕戦で圧勝した勢いのまま、2連勝して勝ち点を上げたいところです。

          先発投手は2年田坂。リーグ戦初先発ということで、私たちの応援にも一層気合が高まります。
          1回表にフォアボールやタイムリーヒットにより2点を先制されてしまいますが、その後は安定したピッチングで相手打線を抑えます。

          まずは追いつきたいという状況で迎えた2回裏、2アウトに追い込まれてしまいますが、4年品川さんのライト前ヒットにより1点を返します。
          続く3回裏には、フォアボールで出塁した2年加藤が盗塁を決めると3年里吉が2ベースヒットを放ち、試合を振り出しに戻します。

          両校ともに得点を重ねられない膠着状態が続きますが、6回表、味方のエラーやタイムリーヒットが重なり1点を追加され、再び追いかける展開となります。
          しかしながら続く6回裏、先頭バッターの3年里吉と続く4年黒崎さんの連続ヒットでチャンスが生まれます。
          その後、崩れ始めた相手の投手陣を見逃さず、連続フォアボールによる押し出しやスクイズにより、この回だけで3点を追加します。
          7回裏にはさらに1点を追加し、相手を突き放します。

          3点差で迎えた8回表、2年田坂に代わり3年前野が登板します。
          前日に引き続き、エースらしい安定したピッチングを見せます。
          8回表、9回表ともに三者凡退に打ち取り、試合終了。
          最終スコア6ー3で一橋大学が勝利しました。

          春季リーグを2連勝でスタートし、4部優勝に向けて非常に良いスタートを切ることが出来たのではないかと思います。
          また、2年生による力強いバッテリー、同期である3年生の活躍、そして4年生の方々の勝負強さが発揮された試合展開となりました。
          まずは全勝優勝で入替戦進出を決められるように、勢いのある硬式野球部を後押ししていきたいと思います。

          一橋大学体育会應援部3年 高田靖子
          | 硬式野球部 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          硬式野球部 春季リーグ開幕戦 対東京都市大学戦
          0
            4月9日、硬式野球部の春季リーグの開幕戦、対東京都市大学戦が一橋大学グラウンドにて行われました。昨年の雪辱を果たし、必ずや3部リーグに復帰すべく、初戦から圧勝し勢いづけていきたいところです。

            一橋大学の先行で試合開始。
            1回の表、2年大西がフォアボールで出塁し、2年大崎が犠打で送ります。そして3年里吉の左中間へのタイムリー2ベースヒットにより早くも1点を獲得します。さらに主将の4年黒崎さんの打球をセンターが後逸、さらに2点を追加し、この回3点を獲得します。

            3回の表では、3年里吉・4年黒崎さんが連続ヒットを放ち、3年川端の内野安打で1アウト満塁にもちこみます。ここで、2年瀬川・4年品川さんへの連続フォアボールにより押し出しで2点を追加します。さらに、2年加藤へのフォアボールで1点を獲得。この回3点を獲得し、相手を大きく突き放します。

            その後も一橋の流れは続き、4回裏で1点を追加されたものの、4年倉石さんの安定した投球により逆転の隙を与えません。

            6回の表では、2年大崎のヒットに続き3年里吉・4年黒崎さんが連続フォアボールにより出塁し無死満塁、追加得点のチャンスを迎えます。ここでバッターボックスに立った3年川端、見事に左中間へのタイムリー2ベースヒットを放ち3点を追加します。

            一橋大学の勢いはまだまだ止まりません。
            7回表、2年大西がフォアボールで出塁、続いて2年大崎がヒットで出塁します。さらに3年里吉が外野のエラーにより出塁、二死満塁とします。ここで、4年黒崎さん・3年川端への連続フォアボールにより押し出しで2点追加します。

            7回裏、8回裏も手堅く抑え、とどめを刺したい9回表。
            まず、3年里吉がフォアボールで出塁、加えて3年川端・2年瀬川への連続フォアボールにより二死満塁となります。ここで4年品川さんがデッドボールにより出塁し、押し出しで1点追加します。引き続き二死満塁の局面、3年打土井が鮮やかな右中間へのタイムリー2ベースヒットを決め、2点を追加します。

            9回裏も相手に反撃を許すことなく、最終スコア14-1で一橋大学が勝利しました。

            今回は、一橋大学硬式野球部の圧倒的な実力を見せつけることのできた試合でした。2年生も大活躍し、幸先の良いスタートとなりました。この勢いのまま春季リーグに全勝し、入れ替え戦進出を決められるよう、私たちも精進して参りたいと思います。

            一橋大学体育会應援部3年 乾秀斗
            | 硬式野球部 | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            硬式野球部 秋季3部4部入替戦第2戦 対成蹊大学戦
            0
              11月12日、硬式野球部の秋季3部4部入替戦第2戦、対成蹊大学戦が神宮球場にて行われました。
              惜しくも負けてしまった第1戦を受け、3部昇格のために絶対に勝利しなければなりません。

              一橋大学の先発投手は3年生倉石。今回の入替戦では初めての出場です。
              1回を三者凡退に抑え、2回も満塁のピンチに見舞われますが、見事に打ち取ります。
              一方、相手のピッチャーも好投を見せ、4年生日下部さん・文字さんのヒットも得点には繋がりません。
              両者無得点のまま9回裏を迎えます。
              ここで2年生前野がマウンドに立ちます。
              満塁・3ボールという危機的状況に立たされますが、見事に三振を奪い、延長戦に突入します。
              10回表、満塁のチャンスを得ますが、得点には至りません。
              何としても抑えたい10回裏、満塁の場面でタイムリーヒットを浴び、0-1で一橋大学のサヨナラ負けとなってしまいました。
              この結果、4部残留が決定します。

              春季、4部降格という非常に悔しい思いをしました。
              その雪辱を晴らせないまま4年生の方々が引退してしまうのは、悔やんでも悔やみきれません。
              この思いを忘れずに来季こそ3部昇格を果たします。

              一橋大学体育会応援部3年 石村咲子
              | 硬式野球部 | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              硬式野球部 秋季3部4部入替戦第1戦 対成蹊大学戦
              0
                11月11日、硬式野球部の秋季3部4部入替戦第1戦、対成蹊大学戦が神宮球場にて行われました。
                一橋大学は秋季4部リーグで圧倒的な強さを見せてきたことから、入替戦でもその強さを見せつけ、3部昇格を果たしたいところです。

                先発投手は2年前野です。1回表、守備から良い流れを作りたいところですが、先頭打者に出塁を許すと、次々とヒットを放たれ、2点を取られてしまいます。しかし、その後はしっかりと切り替え、安定したピッチングを見せます。
                なんとか追いつきたい一橋大学。試合が動いたのは4回裏でした。ヒットで出塁した4年生文字さんが盗塁を成功させます。その後、1年瀬川も死球で出塁すると、4年生田端さんがタイムリーヒットを放ち、文字さんが見事ホームイン。この回、一橋大学は1点を返します。
                その後も一橋大学は攻守共に健闘を続けますが、なかなか追いつくことはできず、1点ビハインドで9回裏を迎えます。ヒットで出塁した4年生文字さんが再び盗塁を成功させます。その後、代打で出場した4年生別所さんもヒットを放ち、2死1・3塁となります。そして、続く4年生寺門さんのヒットにより、待望の同点に追いつきます。
                試合は延長戦に入ります。投手は変わらず2年前野です。予断を許さない中、10回、11回と、しっかり押さえきります。前野のためにも1点を奪いたい打線ですが、なかなか得点に繋がりません。そして13回表。ヒットを打たれてしまい、その回で2点追加されてしまいます。そのまま一橋大学は得点することができず、4-2で一橋大学の敗北となりました。

                この日の試合は、最後である4年生の貫禄を見せつけられる場面が沢山あり、嬉しく感じました。また、2年生ながら延長13回を完投した前野に対しては、非常に頼もしく感じました。しかし、結果を残せなかったのは事実であり、悔いの残る試合となりました。

                一橋大学体育会應援部3年 緒方南実
                | 硬式野球部 | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                硬式野球部 秋季リーグ第2節第2戦 対東京都市大学戦
                0
                  10月11日、硬式野球部の秋季リーグ第2節第2戦、対東京都市大学戦が一橋大学グラウンドにて行われました。
                  前日の第1戦でリーグ戦初黒星を喫してしまった硬式野球部、ここで必ず圧勝して第3戦につなげたいところ。
                  2年生岡、1年生加藤のフレッシュなバッテリーに期待が高まります。

                  1回、2回はヒットを打たれる場面もありましたが、無失点で抑えます。
                  一方、相手も得点を許しません。
                  両者無失点のまま迎えた3回表、岡が見事三者凡退に打ち取ります。
                  この流れのまま先制したい3回裏、3年生品川、4年生寺門さん・六畑さんが出塁し、ノーアウト満塁のチャンスを迎えます。
                  ここで4年生文字さんのヒットにより、見事先制します。
                  そして続く3年生黒崎の犠打により、1点追加します。
                  一橋大学の勢いはとどまるところを知りません。
                  ランナー1塁3塁の中、4年生日下部さんが見事なホームランを決め、この回5点とします。
                  4回もこちらの猛攻が続きます。
                  寺門さん、六畑さん、文字さんが出塁し、またしても満塁のチャンスを得ます。
                  ここで黒崎のヒット、日下部さんの出塁、4年生田端さんのショートゴロにより、3点追加します。
                  更なる追加点に期待が高まる5回、加藤が出塁すると、品川、寺門さんの犠打により、1点入ります。
                  6回、見事に5回まで無失点で抑えた岡に代わり、1年生田坂がマウンドに立ちます。
                  堂々のピッチングで6回、7回を三者凡退で抑えました。
                  しかし、こちらの攻撃も得点には至りません。
                  田坂に代わり、1年生川村がしっかり抑えた8回、文字さんが出塁し、田端さんのヒットによって1点追加します。
                  9回、相手に1点許してしまいますが、最後は見事に打ち取り、試合終了。
                  10-1で一橋大学が勝利しました。

                  前日の惜敗をものともしない圧勝でした。
                  この勢いのまま入れ替え戦も勝利できるように全力で後押ししていきたいと思います。

                  一橋大学体育会應援部3年 石村咲子
                  | 硬式野球部 | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  硬式野球部 秋季リーグ第3週第2戦 対東京都市大学戦
                  0
                    9月20日、一橋大学グラウンドにて、秋季リーグ第1節対東京都市大学戦第2戦が行われました。硬式野球部は開幕戦以来連勝を続けており、今回の試合に勝利すれば勝点2を獲得し、他の2校と大きくリードをつけることのできる大事な一戦です。

                    初回は一橋の守備からのスタートで、投手は前日の前野との先発ローテーションで3年・倉石です。高めに狙いを定めたバッターが詰まった球を、守備陣がしっかりと抑えるというプレイは今回も好調で、無失点で裏につなげます。
                    1回の裏、4年・寺門さんのヒットが出たものの得点にはつながりません。しかし、2回の攻撃で打席に立った日下部さんがフルカウントからの四死球という冷静かつ勝負強いプレイを見せ、その後1年生にして早くも活躍を見せる6番・小野が犠打で送ります。それに続けて2年・里吉の打席で、ピッチャーのワイルドピッチに加えキャッチャーのパスボールがあったことによって1点を追加しました。

                    1点リードした一橋、このまま勢いづきたいところでしたが、3回の表に9番バッターに内野安打による出塁と、2塁への盗塁を許します。また、その後ゴロを一塁の送球し3塁にまで進むと、クリーンナップの打球を惜しくもエラーしてしまい1点を返されてしまいます。

                    しかし、その後投球が崩れることなくしっかりと残りの2人を抑えると、ここからヒットは出るものの得点につながる一本が出ないままお互いのスコアは膠着状態となります。一橋のエースの正確無比なピッチングと、内野は4年・文字さん、外野は4年・田畑さんといった強力な守備陣のサポートもあり、守備に関してはこの後も危なげのない良いリズムが出来上がっていました。
                    そして6回の裏の攻撃で巨砲、3年・黒崎の今回の試合唯一のツーベースヒットが決まります。この一発で相手ピッチャーの態勢を崩し、日下部さんの打席間に再び暴投があったことで、虎視眈々と狙っていた3塁への盗塁に成功。さらにそこへのキャッチャーの悪送球の隙をついて、黒崎が見事この打席でホームに戻ります。

                    このプレイから再び流れは一橋に傾きます。守備では倉石の球がさらに鋭さを増し、相手に出塁のチャンスを与えないまま終盤を投げ抜きます。結局、倉石は9回を完投し、110球を超える球数に対して4死球は1つという結果を残し、本領を見せつけました。
                    最終スコアは2-1でしたが、チームが一体となった堅い守備と、攻撃で粘り強く耐え、そこから生まれる相手の僅かな隙を自分の得点につなげるという、硬式野球部の一枚岩の強さを感じました。
                    4部全勝、そしてその先に見える3部奪還という目標に向けて着実に進んでいる硬式野球部を、我々も後押ししていけるよう精進していきたいと思います。

                    一橋大学体育会應援部3年 山本将史
                    | 硬式野球部 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    硬式野球部 3部4部入替戦第3戦 対上智大学戦
                    0
                      第1戦で敗北したものの、第2戦で大きく点差をつけて勝利し望みをつないだ第3戦。前日の勢いそのままに、3部残留のためになんとしても勝利したい一戦です。

                      一橋大学の先発投手は3年倉石。今回の入替戦では初めての出場です。
                      1回裏、先頭バッターが2ベースヒットで出塁し、4番バッターにタイムリー2ベースヒットを許したことで、相手に先制点を取られてしまいます。しかし、その後は安定したピッチングで追加点を許しません。その後、一橋大学も2年里吉がヒットを決めるものの、なかなか得点につなげることができません。

                      このように拮抗した状況が続き、5回表で3年倉石に代わって登板したのが2年前野。
                      5回裏では相手のヒットにより4点を失ってしまいました。
                      しかし、その後一橋大学は粘り強さを見せてきます。
                      6回表では1年小野、7回表では1年瀬川がヒットを決めます。しかし、後が続かず惜しくも得点にはつながりません。
                      その望みがつながったのが8回表。4年寺門さんがセンター前ヒット、3年黒崎が右中間へのヒットで出塁し、4年日下部さんのショートゴロの送球エラーにより、待望の1点を奪います。
                      このまま流れを持っていきたい一橋大学ですが、最終回は三者凡退に終わり、1-5で一橋大学の敗北となりました。この結果、一橋大学は4部降格となりました。

                      第3戦は、粘ったという印象が強い試合でした。このような拮抗した状況を打開できなかったのは、私たちの応援の責任です。
                      硬式野球部は昨年の秋に悲願の3部昇格を遂げましたが、今季で降格する結果となってしまいました。もう4年生の方々が3部で活躍される姿を見ることができないと思うと、非常に悔やまれます。
                      しかし、小野、瀬川といった1年生の活躍を見ることができ、希望が感じられたのも事実です。来季で再び3部に復帰できるよう、気持ちを引き締め、秋季も応援していきたいと思います。

                      一橋大学体育会応援部3年 緒方南実
                      | 硬式野球部 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |