RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

応援記録

女子ラクロス部 関東学生女子リーグ第3戦 対専修大学戦
0

    9月17日、大井ふ頭中央海浜公園陸上競技場にて、女子ラクロスリーグ第3戦対専修大学戦が行われました。

    2部3部入れ替え戦の切符をかけたこの一戦、昇格のためにも絶対に負けられません。

    集客試合でもあり、多くの保護者やOB、OGの方々、一橋の体育会に所属する方々が応援席から溢れるほど集まって試合前から高揚感、一体感に包まれました。

     

    前半開始直後、4年生もえさんがドローでボールをキープすると、そのまま一橋は一気にオフェンスで攻め込み4年生まゆさんが見事ゴールを決め先制点を奪います。再びもえさんのドロー、ここは惜しくも相手にボールキープされディフェンスの時間となりますが、3年なおを始めとするディフェンス陣が1on1で体を張って守ると4年生いなさんがグラボを取り、そのまま4年生ろりんさんがクリア。

    一橋の流れは止まりません。ここから4年生めいさんがもえさんへパスし見事1点を追加します。この後さらに相手のファールからフリシューのチャンス。4年生えりさんが着実に決め、3-0とリードを広げます。応援席もフィールドの選手達も沸き立つ中、4年生まゆさんがこの日2点目のゴールを決め相手を圧倒。その後ドローから相手チームの攻撃、ここで1点を取られたものの、すぐに3年生えりかがゴールを奪い返し5-1。4点リードで後半に繋げます。

     

    前半の勢いのままにさらにリードを広げていきたい後半の戦い。まずは3年生まきが相手のファールからフリシューを決め見事1点追加。もえさんの安定のドローからのボールキープ、また2年生ゆみもパスを受けた後敵をかいくぐるキープを見せると、ボールは再びエースもえさんへ。一気にゴール前に向かいそのままゴール。7-1とさらに点差をつけます。ここから立て続けに相手に2点を追加され

    流れが傾きかけますが、4年生いなさんがナイスセーブを見せ再び攻撃の起点を生み出します。ここで4年生ろりんさん、3年さちかがナイスクリアを見せるも、相手にボールが渡り惜しくも再び1点を入れられてしまいます。しかし、この後まきともえさんがゴールを決め、後半が終了。9-4で一橋の勝利です。

     

    三部圧倒、二部昇格を掲げ猛練習やたくさんのミーティングを積んできた女子ラクロス部は、今季見事その成果を発揮し全ての試合を圧勝で飾っています。一人一人の部や試合、ラクロスに対する熱い思いは日々更新される女子ラクロス部のブログ等からも窺うことができます。その思いと、全員が培ってきた技術や戦術が高いレベルで両立しあっているからこそ、今女子ラクロス部に大きな波が来ているのではないかと思わされます。

     

    特に今回の試合では、いつも安定してゴールを決める選手もさることながら、3年生まきの2得点や2年生ゆみの活躍といったこれからの大活躍が楽しみな選手のプレーが多くあり、女子ラクロス部の層の厚さを感じました。

     

    この試合に勝利したことで、一橋はブロック1位、そして入れ替え戦出場が確定しました。

    必ず入れ替え戦で勝利し、二部に昇格することができるような応援を作るべく精進したいと思います。

     

    一橋大学体育会應援部3年 染谷桃子

    | 女子ラクロス部 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    女子ラクロス部 関東学生女子リーグ最終戦 対関東学院大学戦
    0
      10月10日、江戸川区臨海球技場にて、女子ラクロスリーグ最終戦対関東学院大学戦が行われました。4年生の方にとっては、これが引退試合となり、必ず勝利して来年度に繋いでいきたい一戦です。

      最終戦ということもあり、女子ラクロス部の保護者・OGの方々、一橋大学の学生など、様々な大学関係者の方が集まっており、試合前から、ベンチと観客席共に、高揚感が生まれていました。

      そんなたくさんの観客が応援する中試合が開始します。えりかさんの力強いクロスさばきでドローのボールをキープすると、なつこさんへのパスからブレイク成功、試合開始1分後に早速1点を決めます。幸先の良いスタートを切った一橋、その後のドローで再びもえさんがブレイクに成功し、瞬く間に2点目を決めます。
      その後も、えりかさんやなつこさん、もえさんを筆頭に、1on1や、相手のファールからのフリシューを着実に決めていき、前半開始15分経過しても依然、相手に点数を与えることを許しません。

      試合中盤に、相手にフリシューを決められてしまいましたが、それだけで一橋の破竹の勢いは崩れません。しかし、その後のドローからの相手のATのブレイクによって更に追加点を取られてしまいます。相手を勢いづかせないためにも、すかさず一橋ベンチが動き、前半初のタイムアウトをとり自分達のペースに戻そうとします。
      しかし相手も、自分たちに訪れた流れを逃さず、ATを中心にカットインや1on1を積極的に仕掛け、前半が終わる頃には8-6の2点差にまで詰め寄られてしまいます。
      後半のドローで、相手にボールキープをされてしまいましたが、Gみずほさんのナイスセーブによってろりんさんの速攻クリアが成功、なつこさんにボールが渡り、その後のファールからのフリシューで後半の先制点は一橋が奪います。
      まだまだ油断できない戦況ですが、ちよさんの1on1が成功し4点差にまで点差を広げます。
      この後もなつこさんが連続得点を決め、相手のタイムアウトを使わせます。しかし勢いに乗った一橋の勢いはこの後もとどまることを知らず、まゆさん、ろりんさんといった3年生プレイヤーによる、フィジカルの競り合いでナイスグラボからのパス、シュートという良い流れが生まれていきました。

      結果、試合終了時には16-7で、今試合で一番の点差を広げて勝利することができました。今回の試合で感じたのは、ボールダウンからのグラボを必ずと言っていいほど競り勝った、一橋のボールキープへの貪欲さというものが、相手にもプレッシャーをかけることができて勝因にもなったように思えます。なつこさん、えりかさんといった、2、3年生のプレイヤーの大活躍は、来年以降への飛躍も垣間見え期待が高まります。
      この試合で4年生の方は引退となりましたが、有終の美を飾るに相応しい一戦となりました。

      一橋大学体育会應援部3年  山本将史

       
      | 女子ラクロス部 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      女子ラクロス部入れ替え戦 対国士舘大学
      0
         119日、筑波大学グラウンドにて女子ラクロス部の23部入れ替え戦が行われました。2年前に2部昇格を果たし健闘していた女子ラクロス部ですが、今季下入れ替え戦へとのぞむことになり、2部の舞台で戦い続けるために負けられない1戦となりました。
         
         雨模様の空の下、4年生やあさんのフェイスオフで試合が開始されます。試合開始直後、国士舘にボールを奪われた一橋はゴール付近まで攻め込まれます。一橋は相手のパスカットを試みますが、ディフェンスの隙を突かれ、国士舘に先制点を許してしまいます。ここで点を返そうと、今度は一橋が攻撃の形を作っていきます。4年生たうらさんやゆかさんを中心にボールを回し、一橋はシュートのタイミングをはかります。最後は3年生ちよがシュートを決め、1-1に追いつきます。再び国士舘側の攻撃となり、ゴーリーの3年生みずほがセーブしピンチを切り抜けたかと思われましたが、国士舘が攻め込む形で2点目を決められてしまいます。ここで崩された一橋は立て続けに得点を許してしまい、1-3となります。流れに乗った国士舘は一橋のゴール付近へとボールを運びますが、いはらさんやゆかさんを中心として一橋はディフェンスで良いプレーを見せ相手にシュートを打たせません。4年生まどかさんが相手ボールを奪うとそのままゴール付近へと攻め込み、得点を決めて2-3と点差を縮めて前半を終了します。
         
         後半戦、開始直後に一橋はボールを奪い、ゴールを狙います。やあさんやちよを中心にボールを回し、相手ディフェンスの隙をついて3年生すみれがシュートを決めて3-3に追いつきます。ここから一橋は流れを作っていこうとしますが、相手もなかなかシュートを許さず、逆に一橋は相手にボールを奪われるとそのまま攻め込まれ、得点を決められてしまいます。この得点で相手を勢いに乗せてしまい、再び一橋はディフェンスの時間が長くなります。一橋は4年生まやさんやゆかさんのナイスセーブなど好プレーを見せますが、さらに1点を追加されると相手に崩され、得点を許して3-6となります。一橋は勝利のために相手ゴールを狙いますが、得点を決めることができず、そのまま3-6で試合は終了となりました。
         
         今季、女子ラクロス部は悔しくも3部降格という結果となってしまいました。女子ラクロス部も強い気持ちを持って迎えた入れ替え戦、勝利に導くことができず本当に悔しい気持ちでいっぱいです。
         今まで1部昇格を掲げて戦ってきた女子ラクロス部、必ず春に2部に戻ってくると信じています。この悔しさを忘れずに、女子ラクロス部の力となれるよう向上していきたいと思います。
         
        一橋大学体育会應援部3年 山内史織
         
        | 女子ラクロス部 | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        女子ラクロス部 関東学生女子リーグ第三戦 対千葉大学戦
        0
          923日、葛飾区総合スポーツセンター陸上競技場にて、女子ラクロス部のリーグ第三戦となる対千葉大学戦が行われました。
          女子ラクロス部は2011年度のリーグ戦にて、東京大学を打ち破り2部に昇格してからというものの、破竹の勢いで頭角を現してきました。そして、今年度のチーム目標にも掲げられている「1部昇格」を果たすために、今回の試合は負けられない一戦となりました。
           
          強い日差しが照りつける中、前半が始まりました。序盤は両チーム点の取り合いで、一橋は千葉大に先制点を決められるも、エースである四年生やあさんの活躍などにより1点、2点と取り返し、一時流れを引き戻します。前半も残り10分を切った頃になると相手のディフェンスは一層強くなり、オフェンスでうまく立ち回れない一橋は逆に千葉大に攻め込まれて、2点目、3点目と追加点を許してしまいます。ここで前半は終了しました。
           
           ハーフタイムを挟んで後半がスタートします。僅差で追う展開となりここでなんとしてでも逆転したいところでしたが、一橋は千葉大に4点目を取られてしまいます。勢いにのった千葉大は5点目、6点目と連続点を決め、後半が始まって15分が経った頃には4点ビハインドという苦しい展開となりました。ここで得点を離されないように踏ん張りたい一橋は3点目を決めることに成功しましたが、その2分後、千葉大に7点目を決められてしまいます。最後の最後まで諦めることなく果敢に攻め込んだ一橋は残り時間5分を切った時に4点目を決めましたが、逆転することは叶わず試合終了が告げられます。最終スコアは4-7で一橋大学の敗北です。
           
          今回の敗北は女子ラクロス部とともに1部昇格するという目標を掲げていた我々にとっても悔しさが残るものでした。苦しい展開になったとはいえ、リーグ戦はまだ終わったわけではありません。次に応援に行く時にはこの悔しさを胸に、そして最大限に女子ラクロス部の皆さんの後押しができるように、我々もより一層精進して参りたいと思います。

          一橋大学体育会應援部三年 村山諒

           
          | 女子ラクロス部 | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          女子ラクロス部 秋季リーグ第2戦 対千葉大学
          0
             9月7日に大井ふ頭中央海浜公園陸上競技場にて、女子ラクロス部の対千葉大学戦が行われました。初戦、対日本体育大学戦を惜しくも5対7で落としているので、一部昇格を目指す女子ラクロス部にとっては負けられない戦いです。
            この日は集客試合だったので、女子ラクロス部OGの方々や男子ラクロス部の皆さんと一緒に応援しました。

            スターティングメンバーは4年生、3年生を中心としたメンバーになります。
            前半、流れをつかめず、なかなかオフェンスに入ることができません。相手に先制点を許します。すぐに点数を返したい一橋サイドでしたが、2点目を入れられてしまいます。
            それでも応援席では一橋の勝利を信じて、応援部員に合わせたコールと、大きな声援で選手を後押ししていきます。
            前半残り5分、4年生ぴーたんさんの活躍で一橋がゴールを決めます。ここで流れを掴んだのか、前半終了間際にさらに1点追加。2対2の同点で前半終了です。
            後半、3年生あやかや、やあの好プレーにより、得点を重ね、後半残り15分というところで4対2の2点リード。ここからは両チーム取って取られての試合展開が続きます。後半残り1分、6対4で一橋大学2点リードです。一橋の勝利は確信的なものになりましたが、最後にさらに1点追加、7対4で一橋の勝利です。

            今回はアメリカンフットボールの試合もあり、少人数での応援となりましたが、男子ラクロス部の皆さんの盛り上がりもあり、応援席から千葉大学を圧倒することができました。女子ラクロス部は2部昇格してまだ浅いですが、その実力は1部を狙うにふさわしいものだと実感できる試合でした。

            一橋大学体育会應援部3年 宮千咲
             
            | 女子ラクロス部 | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            女子ラクロス部 関東学生女子リーグ第一戦 対横浜国立大学戦
            0
               8月26日、川崎球場にて女子ラクロス部のリーグ初戦が行われました。女子ラクロス部は昨シーズンにおいて見事2部昇格を果たし、体育会の中でも非常に注目を集めている部活のひとつです。他団体との応援の兼ね合いから4人という少ない人数での応援となってしまいましたが、重要なリーグ初戦ということで気合をいれて応援へ向かいました。
               午前10時半、日差しが強く射す中試合が始まりました。一橋大学はエースである4年生のちーこさんやえりかさんの活躍により得点を重ね、横浜国立大学の猛攻に対して食らいつきます。ゴーリーである3年生あやのさんも好セーブを見せましたが、相手チームの#47の好プレーなどにより前半は3-6と横浜国立大学にリードを許してしまいました。後半戦、一橋大学は4年生の両エースはもとより3年生のぴーたんさんなどを筆頭に各々好プレーを連発しましたが、もうあとひと押しのところで横浜国立大学の攻撃を防ぐことができず、残念ながら最終的に6-11で敗れてしまいました。
               得点の結果だけを見れば「やはり2部は一筋縄ではいかない」という印象を抱きますが、実際の試合中の選手の表情やプレーに対する姿勢は「3部から昇格したばかり」というイメージを微塵も感じさせないものであり、2部において十分に戦えるチームであると確信しました。強豪がそろっている2部ではありますが、一橋大学女子ラクロス部は今後必ずや勝ち星をあげて行ってくれるでしょう。その後押しが少しでもできるように、我々応援部も精進していきたいと思います。

              一橋大学体育会應援部3年 青木裕司
              | 女子ラクロス部 | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |