RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

応援記録

フィールドホッケー部 秋季リーグ第3戦 対早稲田大学戦
0

    10月2日、フィールドホッケー部の秋季リーグ第3戦、対早稲田大学戦が、早稲田大学東伏見グラウンドにて行われました。

    両チームともに連敗が続いており、この試合での勝利が1部残留につながるともいえる大事な一戦です。

     

    前半は互いに拮抗した試合展開が繰り広げられます。

    開始間もなく、一橋大学がパスをつなげて得点のチャンスを作りますが、相手のディフェンスに阻まれ、一方の早稲田大学も攻めの姿勢を見せますが、4年生の松元さんを中心とする一橋大学の堅いディフェンスを前に得点につなげられません。

    両者互いに譲らず0-0で迎えた前半22分、早稲田大学が一瞬の隙を見逃さず、先制点を許してしまいます。

    前半終了間際、一橋大学が敵陣にまで攻め込むものの、惜しくもシュートにまで持ち込むことはできず、1-0で試合を折り返します。

     

    なんとしても逆転したい後半。開始直後から試合が大きく動きます。

    後半4分、一橋大学がペナルティーコーナーを取り、3年生の児玉がシュートを決め、同点に追いつきます。

    しかしながら、相手も黙ってはいません。

    同点になった直後、早稲田大学の先制点を決めた選手に2点目を決められてしまい、再び追う展開となります。

    互いに譲らない中、後半17分、一橋大学は再びペナルティーコーナーを獲得し、得点のチャンスをつかみます。

    3年生の山木が放ったシュートに上手く反応したのは、スターティングメンバーにも入っていた2年生の阿部。

    確実に決め、2-2の同点。試合を振り出しに戻します。

    ここで勢いづいた一橋大学。相手にペナルティーコーナーを与えてしまうものの、3年生の中嶋がスーパーセーブを連発し、ベンチや観客席を大いに沸かせます。

    両者追加得点を得られないまま迎えた終了間際。早稲田大学がペナルティーコーナーを連続して獲得し、一気に2点のリードを許してしまいます。

    最後まであきらめることなく攻めの姿勢を見せる一橋大学でしたが、その思いは届かず試合終了。2-4で一橋大学の敗北です。

     

    春シーズンに悲願の1部昇格を果たしたフィールドホッケー部。

    厳しい状況が続く中、今回の試合はあと一歩で1部での勝利であったにもかかわらず、最後の最後に相手に追加得点を許し、目の前にあったチャンスを自分たちのものにすることができませんでした。

    観客席で応援をしながら、特に2点目を獲得してからの一橋大学の勢いというものを全身で感じた一方、自分たちの応援の力不足がこれまで以上にひしひしと感じられました。

    リーグ戦は終了し、ここからは順位決定戦が始まります。

    一橋大学が1部にふさわしいチームであることを証明するべく、我々應援部も1部にふさわしい応援をしていくために日々練習を積み重ねて参ります。

     

     

    一橋大学体育会應援部3年 高田靖子

    | フィールドホッケー部 | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    フィールドホッケー部 秋季リーグ1部2部入替戦 対駿河台大学戦
    0
      11月28日、フィールドホッケー部の秋季リーグ1部2部入替戦、対駿河台大学戦が法政大学多摩キャンパスにて行われました。
      長い間活躍されてきた4年生にとっては昇格のラストチャンスであり、また有終の美を飾っていただくためにも勝たなくてはならない一戦となりました。

      スターティングメンバーは主力の4年生中心です。前半が開始され、主導権を握ったのは相手でした。一方、一橋大学は相手の様子を探っている様子でした。前半14分、ショートコーナーで先制したのは相手でした。その後も相手が優勢の苦しい展開が続きます。3年岩崎、2年浪江など下級生も健闘しますが、前半22分、前半34分に次々と相手に得点を許し、前半を0-3で終えます。

      後半、一橋大学は攻めの姿勢を見せてきます。守備については、4年生岩田さんを中心に堅い守りを見せ、相手に得点を許しません。また、4年生中村さんのスーパーセーブも見られました。一方、攻撃においても、4年生岡田さん、4年生冨田さんなどの果敢に攻め続ける姿が印象的でした。また、4年生岡村さん、4年生山本さんをはじめとしてゴールまで繋いでいく流れを作っていこうとしましたが、なかなか得点には結びつきません。そのまま試合は終了となり、一橋大学は0-3で敗北となりました。この結果、一橋大学の2部残留が決定しました。

      前の試合で、東京大学が学習院大学に勝利し、1部昇格を決めています。もちろん、今季東京大学が強かったというのは間違いないですが、一橋大学が2部で優勝していたら1部に昇格していたのは一橋大学だった可能性もあるかもしれないと考えると、前回の試合で負けたことは、今回の試合で負けたこと以上に悔やまれる部分があります。リーグ戦は全て繋がっている、そのことを感じさせられるシーズンでした。

      一橋大学体育会應援部3年 緒方南実
      | フィールドホッケー部 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      フィールドホッケー部 秋季リーグ順位決定戦予選 対立教大学戦
      0
        11月14日、フィールドホッケー部の秋季リーグ2部順位決定戦予選、対立教大学戦が、慶應義塾大学日吉グラウンドにて行われました。
        この試合に勝利すれば、2部決勝戦進出そして1部2部入れ替え戦進出決定です。先の試合で、一足先に決勝戦進出を決めていた宿敵・東京大学と再び相まみえるためにも、必ず勝利したい一戦です。

        試合の立ち上がりは、一橋大学のパスによる連携プレイが相手を翻弄し、相手にほとんどボールキープの猶予を与えません。積極的にゴールを狙っていくものの得点には繋がらなかった一橋大学ですが、前半の中盤にショートコーナーを獲得。#2岩田さんのプッシュシュートがゴールキーパーの足下を抜けましたが、惜しくもゴールラインぎりぎりを死守したFBによってゴールは阻まれてしまいました。その3分後、逆に相手側にショートコーナーのチャンスを与えてしまいましたが、相手のFWの強烈なスウィープシュートを、GK・#1中村さんのスーパープレイによって止める事に成功します。
        前半は、一橋大学の連携プレイと、相手のクイックネス光るオフェンスが互いに譲り合うことなくぶつかり合い、どちらのスコアも動くことがなく後半戦に突入します。

        後半になると、相手がぎりぎりの所で持ちこたえていた均衡が崩れていくことになります。後半が開始して15分経過した時、#13大迫さんのパスを受けた#10岡田さんが、難しい姿勢から完璧なリバースヒットシュートをゴールに打ちつけ、見事一橋大学が、終盤にきて先制します。また、このまま勢いに乗った一橋大学の攻勢は止まりません。この10分後に、相手のトラップのわずかな隙をついた#8岡村さんの攻めるようなディフェンスによってボールを奪い、そのまま#33浪江へのパスが通り、リバースによる軌道修正のテクニックを見せつけ、追加点を重ねました。
        試合時間も残りわずかの場面で、相手のショートコーナーを許してしまいますが、そこはしっかりとクリアし、最終的に2-0のまま試合は終わりを迎えました。
        この連携プレイと鉄壁のディフェンスを、次回の順位決定戦決勝の東京大学戦でもいかんなく発揮して勝利することができるよう、応援部も全力で後押ししていきたいと思います。


        一橋大学体育会應援部3年  山本将史
        | フィールドホッケー部 | 22:51 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
        フィールドホッケー部 秋季リーグ初戦 対横浜市立大学戦
        0
          9月19日、フィールドホッケー部の秋季リーグ初戦、対横浜市立大学戦が慶應義塾大学日吉グラウンドで行われました。
          今シーズンこそ悲願の1部リーグ昇格を果たすために負けられない初戦。
          3年生松本、4年生岩田さんがケガのために出場することができませんでしたが、
          2年生児玉・浪江・的場、3年生伊澤・伊藤・岩崎などがベンチ入りし、活躍が楽しみな試合となりました。

          前半、両者一歩も譲らない展開となり、なかなかシュートが決まりません。
          4年生山本さんのドリブルによるチャンスも相手のディフェンスに阻まれてしまいます。
          途中、相手にゴールを狙われる場面もありましたが、両者無得点のまま前半を終えます。
          後半開始直後、4年生岡田さんを中心に一橋大学が猛攻を仕掛けますが、相手のキーパーが好セーブを見せます。
          後半終了まで残り10分となったところで一橋大学に転機が訪れました。

          4年生冨田さんがPCのリバウンドを捕らえ、1-0とします
          更にその5分後、岡田さんのシュートを4年生大牟田さんが押し込み、追加点とします。
          そのまま試合は終了し、2-0で一橋大学の勝利となりました。


          前半、何度も惜しい場面があったにもかかわらず、その後押しをすることができず、課題の残る試合となりました。
          昇格に向けて残る試合も必ず勝利に貢献したいと思います。

          一橋大学体育会應援部3年 石村咲子
          | フィールドホッケー部 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          フィールドホッケー部 春季リーグ1部2部入れ替え戦 対学習院大学戦
          0
            6月21日、フィールドホッケー部の春季リーグ1部2部入れ替え戦、対学習院大学戦が法政大学多摩キャンパスで行われました。
            今シーズン、一橋大学は2部リーグでの優勝を果たしており、その勢いのまま悲願の1部リーグ昇格に向けて臨みました。
            今回、2年生児玉・3年生伊藤・松本がスタメン入りするほか、2年生浪江・3年生岩崎・大貫などがベンチ入りし、活躍が楽しみな試合となりました。

            前半、学習院大学に1部校の貫録を見せられ、主導権を握られてしまいました。
            4年生岡田さんを中心としてゴールを狙いますが、相手にボールを奪われてしまいます。
            そのような状況の下、4年生岩田さんがゴール前に立ちはだかり、
            今シーズンGK王に輝いた4年生中村さんも好セーブを見せます。
            ところがついに学習院大学に先制されてしまいます。
            この流れを変えようとPCのチャンスを掴みますが、相手のディフェンス陣に阻まれてしまい、得点を決められないまま前半を終えました。

            後半、膠着状態が続きます。
            2年生児玉がすばらしいボール裁きを見せてくれますが、得点には繋がりません。
            後半終了まで残りわずかとなったところで一橋大学に転機が訪れます。
            岡田さんのアシストによって4年生岡村さんのシュートが決まり、1-1の同点とします。
            その後もホイッスルが鳴るまで果敢に攻め続けますが、追加得点はならずPSOにもつれ込みました。
            相手の的確なストロークやセーブにより、絶体絶命の危機に立たされる場面もありましたが、一橋大学も4年生の方々が意地を見せ、サドンデスに至ります。
            両校一進一退の攻防を見せましたが、ついに学習院大学のシュートが決まってしまいました。
            結果は一橋大学の敗北、2部残留となります。


            試合終了後、フィールドホッケー部の方々が涙する姿に自分の不甲斐なさを痛感しました。
            今回、何度も惜しい場面があったにもかかわらず、その後押しをすることができなかったと思います。
            来シーズンこそ、入れ替え戦に連れていっていただくからにはフィールドホッケー部の方々の力になれる応援で1部昇格を実現します。

            一橋大学体育会應援部3年 石村咲子
            | フィールドホッケー部 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            フィールドホッケー部 春季リーグ第二戦 対成城大学戦
            0

              426日、慶応大学日吉キャンパスにて春季リーグ・プール第二戦が行われました。前回の緒戦、対中央大学戦でも勝利し、勢いに乗っている一橋大学の相手は成城大学。次に控える強豪・武蔵大学戦に向け、絶対に負けられない試合です。

               

              序盤から一橋大学がボールキープをしているものの、中々得点につながりません。しかし、前半の半ば、積極的な攻撃でPCを獲得し、見事四年・岡田さんが一点目を決めました。

              そして前半終了間近、DFの一瞬の隙を突き、パスをつないで大牟田さんが二点目を決めます。しかし、前半終了の15秒前に、成城大学のPCとなってしまい、外角ギリギリを狙われて一点を許した形で前半が終了してしまいました。

               

              しかし後半は、二年生、浪江・児玉のフォワード陣を筆頭に、序盤から猛攻を仕掛けます。そして後半開始5分後に、四年・大牟田さんの技巧プレーが輝き、PCを獲得。そして、見事後半から出場した四年・大迫さんの出場すぐの押し込みの一点が決まります。
              その後も四年・冨田さんや三年・伊澤の交代をしながら、順調に試合を一橋大学のペースに持っていきます。鉄壁のDFを誇る四年・山本さん、岡村さんなどの危なげのないプレーが功を奏し、いい流れのまま、後半半ばに四年・岡田さんがこの日二度目となる追加点を決めます。

              結果、4-1で一橋大学の勝利となり、この結果プール一位通過が確定しました。
              今回の試合でも、二年生浪江・児玉の、二年生の初々しさを感じさせない堂々としたプレーが目立ち、三年生の伊藤・松本・岩崎もレギュラーとして活躍するなど、新体制チームのこれからのますますの飛躍を感じさせる一戦となりました。

              一橋大学体育会應援部三年 山本将史

               

              | フィールドホッケー部 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              フィールドホッケー部 秋季リーグ三位決定戦 対立教大学戦
              0
                11月22日、フィールドホッケー部秋季リーグ三位決定戦、対立教大学戦が行われました。
                前回の試合で残念ながら1部2部入替戦の切符を逃してしまった一橋大学ですが、この日は四年生の引退試合。
                最後の試合を勝利で締めくくるべく、気合の入った一戦となりました。

                前半、立教大学ボールで試合が始まります。
                序盤からお互い激しく攻め合い、得点のチャンスを狙います。
                まず一橋大学がPCを獲得しますが、シュートを打つことができません。
                このまま試合が動かないかと思われた直後、再びPCを獲得します。
                4年生隅田さんが見事にゴールを決め、一橋大学の先制点となりました。
                その後立教大学がPCを獲得しますが、3年生中村がしっかりとシュートを止め、リードを守ります。
                一橋大学はナイスプレーが連発される中、得点は惜しくも続かず1-0で前半終了となりました。

                後半、開始直後に3年生岡田が一気に攻め込み、PCを獲得します。
                残念ながら得点とはいきませんでしたが、一橋大学が勢いに乗って試合を進める中、立教大学がPCを獲得し、ここで1点を返されてしまいます。
                しかし、一橋大学はすぐに立て直し、1年生児玉のゴールにより再び流れを引き寄せます。
                その後も4年生山田さんと3年生冨田の活躍により、さらに1点を追加します。
                立教大学も最後まで攻めの姿勢を崩しませんでしたが、ここで試合終了。
                3-1で一橋大学の勝利となり、今季2部3位が決定しました。


                フィールドホッケー部の四年生を最終戦勝利という形で送り出すことができたのは、非常に喜ばしいことでした。
                また、今回の試合ではゴールを決めた1年生児玉のほか、2年生伊藤も活躍し、3年生も安定したプレーを見せてくれました。
                来季もきっと勝利を重ねてくれることと信じています。
                我々応援部員も、来季こそ1部2部入替戦に出場し、悲願の1部昇格を果たしてもらえるよう、応援のスキルを日々磨きたいと思います。




                一橋大学体育会應援部三年 見付愛美
                | フィールドホッケー部 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                フィールドホッケー部 秋季リーグ第2戦 対成城大学
                0
                  9月20日、慶応大学日吉キャンパスグラウンドにて、フィールドホッケー部秋季リーグ第2戦、対成城大学戦が行われました。初戦の勝利の勢いのままに、必ず勝利して1部昇格への流れを作っていきたいという一戦でした。

                  一橋大学は前半から果敢に相手ゴールに攻め込みます。ディフェンスから流れを作り、スピード感のある攻撃で相手を振り切りシュートを狙っていくゴール前のプレーはとても勢いのあるもので、立ち上がりからとてもいい空気で試合が展開していきました。
                  得点できそうでできないという惜しい場面が続く中、先制点を決めたのは3年の森岡です。ゴール前で相手のディフェンス陣が堅い守りを見せる中、その間を縫うようにシュートを決めました。その後は相手の守備が激しさを増してなかなかシュートまで運べないという状況が続き戦況が硬直して、前半戦は1-0の1点差で終えることとなりました。

                  そして続く後半戦、一橋の攻撃がさらに勢いを増します。シュートの本数も増え、ゴール前まで一気に運んで相手の反則を誘うことでペナルティーコーナーのセットプレイを繰り返し獲得して得点のチャンスを広げていきました。中でも森岡のゴール前でのスティックさばきとアシストパスは素人の私から見てもとても鮮やかで感動するものでした。
                  また、後半の中盤あたりからは選手交代も多くみられ、スターティングメンバー以外にも多くの選手の活躍が見られました。4年生川合さんはそのスピードで流れを作って得点につなげ、3年生大迫は残り僅かな試合時間の中で決定打となる4点目のゴールを決めて相手にとどめを刺します。一方で4年生安藤さん、3年生岩田を中心とした一橋のディフェンスは固く、最後まで相手の得点を許さない鉄壁の守りを見せました。

                  結果、最終スコア4-0で一橋が勝利をつかみました。この試合ではいつも試合に出て中心的にプレイしているメンバーに加えて新しいメンバーの活躍が多くみられ、一橋の攻撃が多様に広がっていっていることを感じました。1部昇格に向けてチームとしての戦力を見るたびにめきめきと伸ばしている一橋の勢いは目を見張るものがあります。このままのいい流れで一橋が悲願の1部昇格を実現できるよう、全力で後押ししていきます。

                  一橋大学体育会應援部3年 石井瑞代
                  | フィールドホッケー部 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  フィールドホッケー部 秋季リーグ第1戦 対中央大学戦
                  0
                    97日、フィールドホッケー部の秋季リーグ第1戦対中央大学戦が慶応大学日吉キャンパスグラウンドにて行われました。秋季リーグの幕開けとなるこの試合、勝利して良い流れを作っていきたいと思いのぞみました。
                     
                     雨の降る中試合は始まり、試合開始直後から一橋は流れを作っていきます。パスをつないで相手のゴール付近に攻め込み、シュートの機会を伺います。前半すぐに一橋はペナルティストロークで得点のチャンスを作りますが、惜しくも相手キーパーに防がれ、得点につなげることはできません。再度体勢を立て直し、相手の隙をついて隅田さんがシュートを放ち、一橋が先制ゴールを決めます。流れは一橋のまま試合は進み、大牟田が続いて得点を決めます。このゴールで一橋はさらに勢いをつけ、相手に攻撃の機会を与えず,再びゴールを狙います。一橋の連続得点により相手に焦りが見え、ミスを誘発して一橋はさらに1点を追加します。試合中盤、相手にペナルティストロークを与えてしまいますが、キーパー中村のナイスセーブでピンチを切り抜けます。前半終了間際、再び大牟田がディフェンスをかわしてシュートを決め、4-0で試合を折り返します。
                     
                    流れに乗った一橋は後半も攻め続けますが、相手も粘り、相手のボールを持つ時間も長くなります。しかし、一橋は的確なパスカットやディフェンスのカバーによって相手の攻撃を阻み、得点は与えません。リーグ戦初出場となる2年生の伊藤も活躍し、一橋はパスをつないで得点につなげようとゴールゾーンに攻め込みます。ペナルティストロークを何度か得るものの、なかなか得点につなげることができずに試合は経過していきます。一進一退の攻防が続く中、一橋が攻撃の機会を作って隅田さんのシュートが決まり、5点目を奪って試合は5-0と一橋の圧勝となりました。
                     
                    リーグ初戦を勝利し、幸先の良いスタートを切ることができました。この試合、一橋は果敢に攻め込み、一橋の勢いを感じられました。応援席にいるフィールドホッケー部員が力強い声援を送り、フィールドで戦う選手たちが必死でボールを追う姿を見て、部員一丸となって悲願の1部昇格へと第1歩を踏み出したのだと感じました。少しでもそのような選手たちの力になれるよう、全力で応援していきたいと思います。

                    一橋大学体育会應援部3年 山内史織

                     
                    | フィールドホッケー部 | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    フィールドホッケー部 春季リーグ順位決定戦予選
                    0
                      6月8日、フィールドホッケー部の春季リーグ順位決定戦予選、対武蔵大学戦が法政大学多摩キャンパスで行われました。
                      この順位決定戦予選は1部2部入れ替え戦への切符獲得が懸かっており、Aプール1位である一橋大学はフィールドホッケー部も応援部も気合十分で臨んだ試合となりました。

                      この試合の春季リーグでの位置づけもあり、開始直後から二校が激しく攻め合う姿が印象的でした。
                      前半、一橋大学は3年岡田を中心にパスを回していくも、武蔵大学にゴールを阻まれます。
                      相手側の攻め込みも何度かみられましたが、3年岡村や3年山本が好守をみせ、得点させません。
                      両校ともに膠着状態かと思われた途中、一橋大学がPCを獲得します。
                      我々應援部員にもただならぬ緊張が走る中、岡田のアシストのもと3年森岡がシュートし見事先制点をあげます。
                      その後相手側にも何度かPCのチャンスを与えますが、3年岩田や4年生安藤さん、キーパーを務める3年中村のディフェンスにより、リードを守ったまま前半を終えました。

                      後半、一橋大学は4年生隅田さんを中心に再び攻めの姿勢を見せていきます。
                      そこで4年生八木さんが打ち込んだボールは相手側ディフェンスのスティックに当たり、浮いたボールを3年岡田が見逃さずゴールに繋げます。
                      2点目に應援部員と観客席のフィールドホッケー部員双方から大きな歓声が上がります。
                      その後も一橋大学は素晴らしいディフェンスにより相手側に隙をみせることなく、キーパーを引っ込めて総攻撃で向かってきた武蔵大学にも追随を許さず、試合終了となりました。
                      結果は2-0で一橋大学の勝利です。


                      試合終了後、入れ替え戦への切符を掴んだ一橋大学の選手が観客席に向かってガッツポーズをみせ、大盛り上がりの最後となりました。
                      この試合の直前には全勝でBプール1位通過してきた東京大学対立教大学の試合が行われ、東京大学が勝利を決めたため、次の順位決定戦は商東戦という形になります。
                      その後に控えた入れ替え戦も見据え、1部に上がってくれるであろうフィールドホッケー部にふさわしい応援ができるよう、私たちも練習に気合を入れて臨みたいと思います。

                      一橋大学体育会應援部3年 見付愛美
                      | フィールドホッケー部 | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |